2012年06月24日

生産者、研究者向けの農業雑誌「農耕と園藝」が ”伝統野菜の底力” を特集。


5月の中旬に、誠文堂新光社が発行する「農耕と園藝」編集部の黒田麻紀さんからメールをいただいた。
同誌は、大学時代から読んでいたが、生産者、研究者向けの農業雑誌で、月刊で発行されている。

なんでも、7月号(6月23日売)で、伝統野菜の企画を考えているという。
大量生産、大量供給が可能なF1品種の普及により衰退している伝統野菜だが、江戸東京野菜はじめ、伝統野菜について研究・普及にとりくまれる方々のお力もあり、この数年見なおされているように感じていて、同誌では伝統野菜の特集を企画し、各地の特徴的な品種を紹介し、伝統野菜と地域の取り組みや、種取りや保存などについても紹介していきたいと考えているという。



img193.jpg

表紙をクリツクすると誠文堂新光社にリンクする



そこで、「江戸・東京の伝統野菜」というテーマで原稿を依頼されたもの。
ページ数は4ページで、文字数は4000文字だという。

これまで、この手の依頼は断ったことは一度もなかった。
 しかし、締め切りまでの間に、
と、いくつもの講演を依頼されていたので、

原稿を書いている暇がないと、お断りしたが、それなら、取材をしたいというので、講演先を、いくつが紹介したら。ライターの高倉なおさんが、八王子の 会場に訪ねてくれた

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

芳賀緑さんが「江戸東京野菜」の卒論を、FM世田谷「農といえるニッポン!」で紹介した。


江戸東京野菜で卒論を書いた芳賀緑さんが、23日予定通り、FM世田谷「農といえるニッポン!」で卒論を紹介した。
落ち着いて分かりやすかった。

さて、その芳賀さんからメールが届いた。
私は今、宮城県の古川市に住んでいます。
こちらの風景は田んぼが多く、今は夜になるとカエルの鳴き声が響きます。」



田圃.jpeg

上の写真をクリックする



「仕事は、農家の東電に対する損害賠償請求などの運動、そして炊き出しボランティアなどの被災地支援を行ったりしています。
やはり東北にいると、震災や原発事故について考えることが多いです。

写真は石巻市の住宅街だった所です。昨年の9月にもボランティアに行きましたが、あまり変わっていない状況です。

また、農作業のお手伝いもたまにしています。
これからも伝統野菜を追う姿勢を持ち、東北でも切り拓いていきます!
大竹さん、関係者の皆様、今後もよろしくお願いします!

実は私もブログをやっているのでよければ見てください♫」


芳賀さんの活躍を祈っています。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話