2012年07月31日

東京都立園芸高校&東京プリンスホテル 共同普及メニューをどうぞ!。

NHK-FMで江戸東京野菜を紹介するため、都立園芸高校に伺ったことは、先日紹介したが
江戸東京野菜プロジェクトの学生が忙しく収穫作業をしているところだった。

江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座で、サプライズゲストとして、急遽都立園芸高校の横山修一先生に同校のプロジェクトの取り組みについて報告をしてもらったが、その時に伺っていた、東京プリンスホテルへの出荷作業に追われている最中だった。



1-1001.jpg

現在、同校では横山先生の指導により、江戸東京野菜プロジェクトの活躍は活発で、メディアを通して広く伝えられている。、

そんなことから、東京プリンスホテルから、江戸東京野菜を使いたいとのオファーがあり、パンフレットやチラシができたもよう。

上の写真をクリツクする
東京都立園芸高校&東京プリンスホテル 共同普及メニューが出来上がった。

7月25日〜7月29日、8月1日〜8月5日、8月29日〜9月2日の15日間の期間限定企画で、7月の様子では各店ともに好評だった。


続きを読む

2012年07月30日

あっぱれ! STUDY & CAFE ” Vol 08は、江戸東京野菜編、8月5日に開催される。



マクワウリは、甘いものが貴重だった江戸時代には、水菓子として、庶民が好んだ夏の果物だった。
幕府は、府中御前栽としてマクワウリを栽培し、幕府に納めさせていた。
今日、東京の農家が受け継いできたマクワウリは、足立区の農家が栽培していた「本田ウリ」、小金井の農家に伝わっていた「黄金のマクワウリ」の2種類ですが、なかなか味わうことができません。




キャプチャ3.JPG


チラシをクリックすると拡大する


今回は、「本田ウリ」と「黄金のマクワウリ」を江戸東京野菜料理研究家・野菜ソムリエの酒井文子さんが料理を作り解説します。

懐かしい味、江戸の食文化を伝えるマクワウリの料理を食べに来ませんか

お問い合せ、申込みは  090-2423-0831まで

posted by 大竹道茂 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2012年07月29日

粋で華やかな日本橋をイメージして誕生した大人のハイボール、"日本橋ハイボール" を飲みに来ませんか。


豊かな森と花崗岩の地質が生んだ
軟水・南アルプスの天然水と、
森がもたらす冷涼多湿な気候に
育まれたシングルモルトウイスキー・・・・

清々しく、森で育った白州が、
お江戸の真ん中日本橋で、江戸野菜と出会いました。

粋で爽やかな大人のハイボール、それが日本橋ハイボール。





1-1キャプチャ1.JPG


日本橋水天宮にある「ロイヤルパークホテル」が、江戸東京野菜の穂じそを使った「日本橋ハイボール」を売り出すと、月刊「日本橋」の堺美貴社長から情報をいただいていた。

ハイボールでウイスキーの消費拡大を図ったのは、サントリーの角だが。

日本橋ハイホールは白州をサントリーソーダで割ったハイボールに、江戸東京野菜のつまもの「穂じそ」をメインに華やかさを醸しだし、青じその爽やかなハイボールを、ロイヤルパークホテルとサントリーが商品開発して日本橋地域限定で、7月から発売されている。

続きを読む

2012年07月28日

NHK-FM「トーキング ウィズ 松尾堂」の収録で江戸東京野菜を語る。放送日は8月19日の予定。

 
6月の中旬にNHK制作局の崎山亮史さんから、「トーキング ウィズ 松尾堂」というFMラジオのトーク番組から出演依頼を受けた。

NHKのラジオには、今年5月16日(水)「ふるさと元気力」で、電話出演で『江戸東京野菜コンシェルジュ制度』についてお話したが、 

NHKには、昨年の5月に 「 視点論点 」の録画で来て以来だ。

何でも、松尾堂という本屋さんの店主・松尾貴史さんと店員の加藤紀子さんの店に、ゲストが来店するという設定で、最近の活動や、「本」(ゲストの方々が書かれた本、読んだ本など)や音楽にまつわる話を聞く番組だという。

 お相手のゲストには、タレントのギャル曽根さんを予定していて “夏こそ元気に野菜を食べる”をテーマに、話をしてくれという。
江戸東京野菜を皆さんに知っていただくには、ありがたい話だ。




1-1002.jpg

収録が終わった後、持参した江戸東京野菜を持って記念写真を撮っていただいた。
東京大越うりを持った松尾貴史さん(左)、寺島ナスを持ったギャル曽根さん。本田ウリ。馬込半白キュウリを持った加藤紀子さん(右端)

上の写真をクリツクする
番組は、27日に収録され、
8月19日(日)の12:15〜14:00( FMステレオ)で放送される




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2012年07月27日

全国農業新聞が「復活!伝統野菜」を連載中だ。


全国農業新聞編集主幹の池田辰雄氏(全国農業会議所新聞編集部審議役)から、メールをいただいたのは5月だった。
同紙では、各地に息づく伝統野菜を紹介する「復活!伝統野菜」の連載が始まっていた。

「復活!伝統野菜」の第1回は、4月20日号で、山形在来作物研究会会長の江頭宏昌先生( 山形大学農学部准教授 )が「なつかしくて新しい伝統野菜へようこそ」と題して山形編を書いていて、同紙から見本にと切り抜きが送られてきた。




1-1001.jpg


上の写真をクリツクする


「伝統野菜が各地で復活し、注目されています。」と連載の趣旨を伝えてきたが、タイムリーな連載で、全国農業新聞に敬意を表してお引き受けした。

それにしても、山形に次いで、2番手に東京を選んでいただいたことに感謝だ。

お約束は、東京編を630字程度プラス写真1点で7,8,9月の3回ということだった。
第1回は、「江戸っ子好みの大根とは」。

発行は毎月20日号だが、ブログ掲載については同紙発行後1週間を経過したらと、同紙の了解を得て掲載したもの。
posted by 大竹道茂 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2012年07月26日

大盛況の江東区食育展「みんなが楽しく食べて元気な心と体をつくろう」に出かけた。


江東区食育展「みんなが楽しく食べて元気な心と体をつくろう」の案内が、同区教育委員会で学校給食指導担当をされている馬場紀子係長からご案内いただいた。

食育展は25日(水) 地下鉄東西線の木場駅からすぐのイトーヨーカドー木場店で、12時30分から、1階木場駅寄り入り口横で開催されるというので、出かけた。



1-1021.jpg

木場はこれまで江東区の環境学習情報館「えこっくる江東」にお世話になっていて、下車したがイトーヨーカドーは初めてだったので、少し早めに着いた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2012年07月25日

24年度世田谷区提案型協働事業「地域に根ざした食と農の講座」が開催される。


世田谷区で活動しているNPO法人フード・風土の岩田泰子さんたちが、昨年、世田谷区NPO提案型協働事業として、同区の都市農業課・健康推進課との協働事業を開催していて、昨年、一昨年の活動については、当ブログでも紹介してきた

今年度も、協働事業として2年目の「地域に根ざした食と農の講座」が始まった。
 


1-1田中農園 (3).jpg

上の写真をクリックするとチラシ


第1回は、畑・直売所見学&採れたて夏野菜をシェフが調理!

今回の企画について、岩田さんから、旬の野菜の美味しさや栄養を知り、今後の利用につなげる上で、相談を受けたが。
今年の2月に東京都市大学付属小学校で行われた「ミクニレッスン」を、当ブログで読んでいただいていたので、野菜料理にこだわりを持ち世田谷に店のある、井上和洋シェフ( レストランHOKU )の了解を取り付け、岩田さんに紹介した。

岩田さんは昨年「東京農大のオープンカレッジ」で、田中章治さんの講演を受講していて、世田谷を代表する農家の一人だけに、今回の訪問となった模様。

岩田さんが写真を添付して報告してくれた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2012年07月24日

平山一政先生に学んだ「50℃洗い」のミラクル


野菜の学校でお世話になっている「食生活ジャーナリストの会」の脇ひでみさんと、草間壽子さんから、同会が「50℃洗い」の勉強会をするというお話を聞いたので、仲間に入れてもらった。

「50℃洗い」は、昨年だったかテレビで初めて見たとき、不思議なこともあるものだと、驚いたものだ。
その後、何回かテレビで見る機会があったが、料理人たちの勉強会で肉まで甦り、全員が驚いているのを見て、一度、先生のお話を聞きたいと思っていた。




1-1001.jpg

上の写真をクリックするとUチューブにリンクする。

「食生活ジャーナリストの会」が主催して行われた勉強会は、18時半から青山の東京ウィメンズプラザに、平山一政先生を迎えて行われたが、大勢のジャーナリストが集まった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2012年07月23日

NEWS TOKYOの連載、東京育ちの美味探訪は、あきる野市のスイートコーン


NEWS TOKYOの連載「東京育ちの美味探訪」は、15回を迎えた。
今が盛りの「スイートコーン」といえば、あきる野市東秋留地区を横切る五日市街道、一名「トウモロコシ街道」が有名だったが、今では、秋川ファーマーズセンターに行列ができる。

その「スイートコーン部会」を率いる田中雄二部長にお話を聞いた。




eキャプチャ.JPG

上の写真をクリックすると都政新聞にリンクする。


午前中は、忙しいから16時に待ち合わせたが、今が最盛期だけに、貴重な時間をありがとうございました。

尚、当日は、NPO法人ミュゼダグリの農家見学会も合わせて行ったが、このことは当ブログで報告している。


posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2012年07月22日

フードアクションニツポンのWEB「Mogu・Maga」に江戸東京野菜の取り組みが掲載される。


農林水産省「食料自給率向上消費拡大推進事業」として実施しているフード・アクション・ニツポン推進本部事務局から6月初めに連絡があって、フード・アクション・ニツポン推進パートナーの取材をしたいとメールが入った。
推進本部からの取材は、昨年日経新聞に掲載されたことは、当ブログで報告した。



1-1キャプチャ.JPG


6月中旬、同推進本部事務局でWEBプロデューサーをされている 中山豪氏と、小野和哉氏(代理店鞄s恋堂)、カメラマンが、昭島まで来てくれて、取材をしていただいた。 

中山さん小野さんありがとうございました。

今後、当ブログのアーカイブからみられるようにバナーを貼った。

尚、後篇は、小金井の生産者・井上誠一さんが紹介されています。
posted by 大竹道茂 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2012年07月21日

都立園芸高校に私立駒場学園高校を招いて行われた、世田谷区高校生食育プロジェクト。


昨年、一昨年と世田谷区の「NPO提案型協働事業」に協力してきたことは当ブログで紹介しているが、
昨年、そこでお会いした世田谷保健所健康推進課の枦山(はじやま)幸子管理栄養士さんからメールをいただいた。

世田谷区では、「平成24年度 世田谷区高校生食育プロジェクト」として、「食育を通した地域社会づくりの推進」を目指し、食文化の継承、食糧の生産・流通・消費を学ぶなどの地域に根ざした食育事業を開催しているが、高校生に向けての情報提供などで協力してほしいとのメールだった。



1-1010.jpg


第10回の同プロジェクトは、都立園芸高等学校の園芸科と食品科の生徒20名と、私立駒場学園高等学校の食物科の生徒20名が参加して、園芸高校で行われた。

上の写真をクリツクする
会場では、枦山管理栄養士が迎えてくれた。
同区保健所の健康推進担当・十田恭男係長、花田美希主任、食育プロジェクトを運営しているNPO法人エディケーショナル・フューチャーセンターの中川綾さんにもご挨拶をさせていただいた。

まず、都立園芸高校の「江戸東京野菜プロジェクト」の、岡田ちふみさん(3年園芸科)が、”さんフェア鹿児島2011 “ に、全国の農業系高校を代表して出場し、優秀賞を受賞した“ 広がれ つながれ江戸東京野菜 ”の、パワーポイントで、活動を紹介した。

、、続きを読む

2012年07月20日

「深大寺夏そばを味わう集い」は、厳粛な中でそば切の儀が執り行われた。


江戸東京のそばというと、深大寺そばだが、昨年の7月18日、江戸ソバリエ協会副理事長の、ほしひかるさん(エッセイスト)に、「深大寺そばを味わう集い」にお誘いをいただいたことは、当ブログで紹介した

今年は、東京でもそばを栽培する畑ができるなど、地場産のそばを食べようとする動きが起こっている。
そんなことで、今年も「深大寺夏そばを味わう集い」にはメンバーに入れていただいた。



1-1014.jpg

今年は、深大寺のご本尊様 阿弥陀如来と、境内奉安のそば守観音様に献納。

上の写真をクリツクする。
江戸ソバリエ協会の「石臼の会」の皆さんが打った夏そばで、「そば切りの儀」が厳粛な中で、執り行われた。


続きを読む

2012年07月19日

地域がらみの勉強会「大江戸町人アカデミー」で21日 、「築地青果市場だいこんツアー」を実施する。


5月の下旬に、武蔵野美術大学で教えている傍ら、日本橋を拠点にNPO活動を行ってる嘉藤笑子先生からメールをいただいた。

アート・オウトノミー・ネットワーク[AAN]という名前で芸術組織間のネットワークづくりを行っていて、向島学会の理事もされ、現在「寺島ナス復活プロジェクト」が実施している活動を支援して、寺島ナスの苗を買い求め、家庭菜園で栽培しているという。

そんな書き出しだったので、急に親しみがわいてきて先を読むと、なんでも地域がらみの勉強会「大江戸町人アカデミー」で「 ”江戸東京野菜” の文化、日本橋界隈の大根河岸、青物市場のことなどをご教授いただければ幸いです。」とあった。

先月当ブログがご紹介したが、嘉藤先生は「寺島なす復活プロジェクト」が実施た、パネルディスカッションの会場に来てくれていて、帰りがけに、先生から来ていただいてご挨拶をさせていただいた。



1-1ooedo_DM_last_ver2.jpg


先日パンフレットが届いた。上の写真をクリックする
パンフレットを見ると、私は8月4日だったが、その前に21日(土)7:00〜10:00、「築地青果市場だいこんツアー」を実施するという。

ご案内は、東京中央青果(株)社長で、京橋大根河岸協会会長の石川勲氏が自ら対応いただくという。
因みに、石川社長は、京橋大根河岸青物市場跡で毎月、大根の無料配布を実施している

尚、ツアー締切は20日というから、お急ぎください。
posted by 大竹道茂 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2012年07月18日

大田区立池上第二小学校で開催された、馬込半白キュウリの収穫祭は質問の連発。


五月中旬に、ご子息が通っていた大田区立池上第二小学校で「馬込の名前の付いた伝統野菜を栽培させたい!」と、山林満里子さんから依頼され、地元大田区の、「NPO法人 大田・花とみどりのまちづくり」のFumingさんを紹介したことは当ブログで報告したが、大成功だったようた。



1-1学校の畑の胡瓜のようす.jpg


指導をお願いしたFumingさんのメールには

「子ども達に、胡瓜を育てていて気付いたことをいくつか聞いたりしたあと「胡瓜が育つために、何が必要だと感じた?」と聞くと、次々と出てくるのでビックリ・・・「水」(そうだよね〜毎日水やり当番があったね〜)「栄養」(そうだよね〜植えるときに肥料をあげたよね〜)「人」(おお、そうだそうだ。とっても大切!)

上の写真をクリツクする。
「土」(おお!これこれ、私が言いたかったのはこれです!)って感じで・・・「人」のところでは、「みんなが馬込半白胡瓜という素敵な胡瓜を育てることができたのは、半白胡瓜の素晴らしさを伝えたい!という。

山林さんのような「人」がいるからなんだよ〜また、この胡瓜を絶やさないためにと、胡瓜を育て続けた人がいるからこそ。。。「人」の力はとても大事!」という話もしました。

続きを読む

2012年07月17日

牧野富太郎生誕150年記念特別展「野菜の宴」江戸明治の植物画に、江戸東京野菜が描かれていた。


フードコミュニケーション・プランナーの佐野弥生子さんから、今月6日、練馬の牧野記念庭園記念館で、明日から特別展「野菜の宴」が開催されるという情報をいただいていた。

メールには「毎日新聞朝刊に、植物学者の牧野富太郎さん収集の植物画コレクションの中にある、江戸時代の博物画家、関根雲停作『宝満カブ』の野菜画が記事掲載されていますが、このカブも江戸伝統野菜でしょうか?」というご質問までいただいた。
新聞を見なかったので何とも言えないが、江戸東京野菜でないことは確かで、返事は保留していた。



1-1004.jpg

上の写真をクリツクする。


庭内の施設は、一昨年8月にリニュアルオープンしていたのは知っていて、同館のある練馬区大泉地区にも伝統野菜を栽培している農家があり近くまでは良く行っていたが、伺えずにいた。

暑い日だったが牧野記念庭園に出かけた。
学生の頃、来たことがあったが、当時に比べ園内の樹木も大きくなり日当たりも悪くなって、牧野富太郎先生が収集してきた草花の管理が難しくなっているようだ。
牧野先生の草花コレクションの企画展は拝見したことがあったが、牧野富太郎生誕150年記念特別展「野菜の宴」江戸明治の植物画、は楽しみにしていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2012年07月16日

八丈島の奥山隆農園からパッションフルーツが届いた。


八丈島がらパッションフルーツが届いた。
八丈島は現役時代に何度となく行っていたので、懐かしくいただいた。

パッションは八王子市の濱中洋子さんが送ってくれたもので、電話でお礼を申し上げ、色々と伺った。
何でも、お世話になった東京都の農業改良普及員さんが八丈島に異動になっているので、パッション栽培の先進地八丈島の様子も見たいので、友人たちと行ってきたという。

濱中さんのお宅は、パッションフルーツの栽培を始めてまだ数年、栽培のノウハウを吸収しようと熱心だ。


1-1006.jpg

八丈島ではパッションフルーツの栽培を公開している、奥山隆農園に案内されたという。

濱中さんが、うちでもパッションフルーツを栽培していると云うと、園主の奥様・奥山節子さんが「知っています!」との返事だったと云う。

濱中さんが孫たちに美味しいジュースなどを作っていることを全部知っていたそうだ。
何でも、当ブログで紹介したのをヒットし、見てくれていたと云う。

八丈島でも代表的な農家だけに、日々他産地のチェックも怠らないようだ。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2012年07月15日

「2012年度 連続公開講座 花と緑と知のミュージアム」のチラシが送られてきた。


公益社団法人 学術・文化・産業ネットワーク多摩」が主催する「2012年度 連続公開講座 花と緑と知のミュージアム」はすでに6月20日から開催されているが、第2回として、7月21日、「江戸東京野菜の未来」が予定されていて、パンフレットが出来上がったと送っていただいた。



1-1img239.jpg


チラシをクリツクする


会場は立川の国営昭和記念公園花みどり文化センターで開催されるが、今回は、江戸東京野菜の話だけではなく、その未来について椎名豊勝先生(一般社団法人日本樹木医副会長)がインタビュアーとして、来場者を代表して質問していただけるという。

これによって、「本やネットでは表現しきれない本音や本気。共に語り合い、知的好奇心を満たす時間。正にプライスレス」だという。

参加無料で問い合わせは 042-591-8540か、 office@nw-tama.jpまで




posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2012年07月14日

7月13日のNHK総合テレビ「キッチンが走る!」は、「料理人のひらめきはこう走る!」だった。


かねてから案内してきた、三國清三シェフの「キッチンが走る!」(13日)は、今年2月3日に放送された「冬の山里でフレンチ巨匠が渾身料理! 」が、好評だったことから、



1-1キャプチャ.JPG
上の写真をクリツクするとリンクする


特別篇として、食材を手にして料理人はどのように゜新しい料理を考え出すのかを、「料理人のひらめきはこう走る!」として、2月3日の放送内容をリニュアルしたもので、三國清三語録は、味わいがあった。

続きを読む

ゴーヤに名札をつけて大きくなったら、収穫を楽しんでプレゼント。



東京都南大泉で典型的都市農業の実践をしている、永井農園の永井昭さんを当ブログでは3回ほど紹介している。
今年は、「ゴーヤのプレゼントを始めたというので、近くまで行ったついでに寄ってみた。



1-1キャプチャ.JPG

新しい取り組みは、農園をより、地域の方々に親しんでもらうために、農園の近所の方々の10歳以下のお子さんを対象に、実の付いたゴーヤに、名前をつけて、生育を楽しんでもらい、大きくなったら収穫も楽しんでもらおうというもの。
勿論無料だ
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2012年07月13日

「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2012」のレセプションでアランデュカス氏にお会いした。


「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク 2012」のプレス発表が11日、港区南麻布のフランス大使館で行われ、引き続きレセプションが大使公邸で開催された。

「フランス レストランウィーク」は昨年に続いて2回目の開催で、昨年は関東及び関西の限定されたレストラン322店に、25千人のお客さんが足を運んだ。

今年は"フランス料理で日本を元気に!"エリアを全国に拡大し、期間も2週間に延長するとしている



1-1032.jpg


開会にあたって、駐日フランス大使のクリスチャン・マセ氏が挨拶に立ったが、
フランスで開催している「コレージュ・キュリネール・ド・フランス」の代表である、アラン・デュカス氏を特別なお客様として紹介した。

アラン・デュカス氏は、史上最年少で3つ星を獲得したモナコ国籍のシェフで、世界各国でレストランを経営している。

上の写真をクリツクする
クリスチャン・マセ大使及びスポンサーのファブリス・ルノー氏が挨拶を行った。

大使公邸には、約300名(内メディア130名)が招かれてた。

続きを読む