2012年08月31日

砂村一本ネギのタネが後輩たちに伝わった。江東区立第五砂町小学校でタネの贈呈式。


伝統野菜の固定種は、タネを播き、作物を栽培して、食べ、その一部からタネを採り、翌年また播き、というようなサイクルで、タネを通して命が今日までつながってきた作物だと、小学校などの食育の時間にはお話ししてきた。
江東区立第五砂町小学校(遠藤 朋子校長)では、栄養教諭の銭元真規江先生が、その大切なつながりを生徒たちに意識させながら、地元の歴史を今に伝える、伝統野菜の「砂村一本ネギ」を栽培してきた。



1-1019.jpg

「砂村一本ねぎを復活させよう」
〜砂町ゆかりの野菜を知ろう〜


今年で3年目になる。現在の6年生が4年生の時に、日本農林社の砂村一本ネギのタネを播いたことから始まり、採取したタネを現在の5年生が4年生の時に栽培して給食で食べタネも採った。
このことは、当ブログで紹介している。

上の写真をクリックする
4年生3クラス109名がランチルームに集まり、5年生の代表3人からタネが手渡された。
5年生は、「砂村一本ねぎを一生懸命栽培し、たくさんのタネが採れました。
これで立派なネギを作ってください。」とエールを送れば、4年生代表は、4年生全員に向かって、「5年生達に負けないように、立派なネギを栽培して伝えていきます。」と力強く決意を表明した。

続きを読む

2012年08月30日

荒川区のHPに、おすすめ観光情報として、「復活 !江戸伝統野菜」のページができる。


荒川区のホームページに伝統野菜を掲載したと、谷井千絵観光振興課長からメールをいただいた。
谷井課長は、荒川区の地域名の付いた野菜を、観光資源として活用したいと云っていた。

先日、あらかわエコセンターで行われた「食べて学ぶ 江戸東京のお野菜」にお見えになったが、講演後、区民の活発な質問に、区民がいかに地元の野菜に関心を持っているかご理解いただけたようだ。

いいタイミングで、荒川区のホームページに新たなページ「復活! 江戸伝統野菜」を作成いただいた。




27キャプチャ.JPG


「あらかわの伝統野菜とは」
「あらかわの」伝統野菜いろいろ」
  スジなし、香りよし「谷中生姜」
  幻の漬菜「三河島菜」
  土地にあった野菜「汐入大根、荒木田大根」
  ほかにもいろいろ
「伝統野菜の復活に向けて」
「荒川区内の取り組み」
引用・典拠として、当ブログも紹介してくれた。

谷井課長ありがとうございました。



posted by 大竹道茂 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜

2012年08月29日

「練馬でそば栽培を応援する会」が、猛暑の中、蕎麦のタネ播きを行った。



蕎麦に銘酒「 野饗(のあえ)」の店主・山越龍二さんがメンバーを募集して、蕎麦のタネ播きをする話は当ブログで紹介した。
8月27日(月)14:00〜17:00 ということで、13時に西武池袋線石神井公園駅近くの同店に集まった。

日本上空に居座った高気圧の影響で、やってきた台風も次々に朝鮮半島へ・・・
おかげで連日の猛暑により畑はブカブカ、、




1-1020.jpg

今、ニンジンの播き時だが、農家も播種を躊躇しているのに、日を先延ばしした方が良いんじゃないかと、集合場所にやってきたJA東京あおばの渡邉和嘉常務からのアドバイスがあったが

タネも水につけて準備もできているし、会員も来るというので、山越さんも迷っていたようだが、現場に行っての判断となった。

確保したタネは2種類。上の写真をクリックすると「とよむすめ」。
新潟産の「とよむすめ」は、新潟県の北陸研究センターで開発された新品種。
香りがよく、旨みと甘みにすぐれた味わいが特徴で、在来種よりもルチンが多く含まれている。

「常陸秋そば」は、
1978(昭和53)年、旧・金砂郷町の在来種から選りすぐりの種を選抜して育成された。
粒ぞろいで、そば独特の香り、風味、甘みがありる。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2012年08月28日

浅草サンバカーニバルを横目に、押上「よしかつ」で絶品を味わう。


NPO法人ミュゼダグリの納所二郎理事から、雑誌「料理王国」の企画を担当されている木越敦子さんとフードマイレージの研究者・中田哲也氏とで、会食をするから来ないかとのお誘いがあった。
丁度その日は、荒川区環境課から招かれているから終わり次第伺うことで承諾した。



1-1P8255973.JPG

久々の「よしかつ」だったが、最初に出てきたのが、「本田うりと生ハム」

本田うり(世田谷・都立園芸高校産) ハムは輸入原料国内製造品。
都立園芸高校の「本田ウリ」栽培担当の矢野貴彦君(園芸科3年)の作品だ。

先日、NHK-FMの番組内で、ギャル曽根さんが、「美味しい!、メロンだ!、」と喜んでいただいた代物。

彼女は「生ハムもいいし、ヨーグルト・サラダにもあう。」と云っていたが・・・・
生ハムの塩気が、本田ウリの甘みを引き立てていて絶品。


続きを読む

2012年08月27日

「食べて学ぶ 江戸東京のお野菜」があらかわエコセンターで開催された。


三河島駅には久しぶりに下車した。
昨年、峡田小学校で荒川区教育研究会が行われた10月以来だが、様子が変わっていた。




1-1キャプチャ44.JPG


三河島駅のホームから、東京スカイツリーが見えるところは、ベンチの横の僅かなスペースからしか見えなかったが、駅の南側が再開発でビルが取り壊されたことから視界が広がっていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜

2012年08月26日

立川市西砂の中里さんがマクワウリの情報を伝えてくれた。


数日前に、立川市西砂の酪農家中里和江さんからFAXが届いた。
中里さんは、東京の農家夫人のグルーブ、東京都の広域女性農業者組織である「ぎんなんネット」のメンバーで、当ブログでは、農作業事故を無くすための、家族の安全を願う「ハッピーリング」企画制作で、指導していることを紹介した。
また、「農の生け花愛好会・東京グループ」のメンバーとしても活躍している。



1-1P8255842.JPG

前に伝統野菜の話をしたことがあったのを覚えてくれていて、新潟県長岡の方からマクワウリのタネをもらって播いたら、 ” 実った“と、FAXをもらっていた。

果肉は1センチもなく、長さは8〜10センチぐらい、周りはプリンスメロンのような色だという。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2012年08月25日

全国農業新聞が連載している「復活!伝統野菜」の江戸東京編Aが掲載された。



全国農業新聞が4月から連載を始めた「復活!伝統野菜」は、山形在来作物研究会会長の江頭宏昌先生( 山形大学農学部准教授 )が執筆された後、東京が指名された。
江戸東京編@については、同新聞の了解を得て、当ブログで掲載している。



1-1002.jpg

江戸東京編@では、江戸の大根は全部白首だったということを書いた。
3回の連載だから、江戸東京野菜30種類を書くわけにもいかないので、多角的に紹介しようと思って今回は、大学生に協力を願った伝統野菜探しについて書いた。
早稲田ミョウガ捜索隊の皆さんは、夏の暑いさなか大学周辺を探し歩き、生えているとなると、その土地所有者に色々と聞いて回った。

上の写真をクリツクする
大学生の活動は、早稲田大学の新たなプロジェクトに組み入れられ、気仙沼復興支援活動へと結びついた。今後の活動の広がりは当ブログで紹介していく。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2012年08月24日

山梨の農業生産法人 山本ファーム(有)に表敬訪問。


今年も、山梨の農業生産法人 山本ファーム(有)からは、大黒ナスや翡翠瓜などを送っていただいた。
山本ファームのオリジナルブランドは、どれも見事なもので、同封されたレシピにしたがって美味しくいただいた。
先日、家族で山梨に出かけたことは、当ブログで報告したが、山梨への計画が立てられた時に、山本ファームへの表敬訪問を予定に入れた。



1-1キャプチャ.JPG

山本ファームのオリジナルブランド「大黒ナス」を、ゴルフボールと一緒に撮ったので、その大きさがわかると思うが、厚さ1センチ位に切って炒め、辛子醤油で「ナスステーキ」が美味しい。

上の写真をクリツクする
山本ファームに止めてあった軽トラックの荷台には、収穫してきた大黒ナスと翡翠瓜が乗っていた。
翡翠瓜も、当ブログで紹介している


桧原村で栽培されている「おいねのつるいも」は、もともとは、甲斐の都留から嫁に来たおイネさんが持ってきたと伝わる伝統野菜だが、山本ファームが取り扱う「落合芋」と同じルーツかもしれない。

桜奈 桜わさび菜も美味しい


山本ファームには連絡も取らずに、伺ったものだから、山本 正社長はお出かけでお会いできなかったが、社員の方々にはお会いできたので、お礼を申し上げることはできた。
後日、山本社長からはメールをいただいた。

農業生産法人 山本ファーム(有)
山梨県甲州市塩山千野4221
FAX 0553-32-1788
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2012年08月23日

東京ガス「ライフバル」よりお届け。東京の特産品シリーズは「奥多摩わさび」


ガス機器と暮らしにまつわる生活情報を掲載している「ハッピースマイル」は地域密着の「ライフバル」よりのお届けとして、潟Gープラス イーネットワーク(代表小野寺徹氏)が発行している。

同誌は、年4回で13号を発行したが、これまで東京の特産品シリーズとして当研究会が提供した情報をもとに取材を続けてきた。
これまで紹介していなかったが、のわぼう菜、谷中生姜、東京うど、亀戸大根、馬込半白胡瓜、東京長かぶ、馬込三寸人参、寺島ナス、伝統小松菜、金町小かぶ、しんとり菜、そして今回の奥多摩わさびだ。



1-1mg317.jpg


6月中旬、同誌代表の小野寺氏と江戸東京野菜料理研究家の酒井文子さんが奥多摩わさび栽培組合の竹内和男組合長を訪ね、今年一番出来のいい、副組合長の坂村裕之・清美ご夫妻のワサビ田を取材してきた。

上の表紙をクリックする
7月に発行された13号には、花が咲き終わり、タネの入った莢(左上)が掲載された。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥多摩ワサビ

2012年08月22日

荒川区の伝統野菜を中心に「食べて学ぶ 江戸東京のお野菜」を区民の皆さんと・・・


荒川区の皆さんとは、青茎三河島の復活からお付き合いが始まり、汐入ダイコンへと広がり、学校での栽培や、給食での取り扱いなどが始まった。

その後震災などもあり、学校で栽培したものは、給食では使えず児童に持たせて家庭の判断に任されている。このことは、当ブログでも紹介した。
また、汐入ダイコンについては、同区の観光振興課が観光資源としても注目していることも、当ブログで紹介している




1-1キャプチャtt.JPG

上の写真をクリックすると拡大する。

7月20日に、同区環境課エコプロ担当の白石亜以さんと、樹木医の彦坂雅男先生が、小金井に訪ねてこられた。

区としての窓口を一本化して取り組みたいということで、環境課が「あらかわエコセンター企画講座」として3回の連続講座を行うという。
その第一回「食べて学ぶ 江戸東京のお野菜」をテーマに「江戸東京の伝統野菜ってなあに」を依頼をされた。

これまで、同区では小中学校の栄養教諭を初め栄養職員の先生方にお話をしてきたが、区民の皆様には初めてで、新たな出会いを楽しみにしている。
尚、当日の試食タイムでは、宮寺光政さんから「寺島ナス」を購入するそうで、
 生と、多めの油で焼くか、又は揚げびたしで食べる予定だという。
企画の段階で食べてみたようで、生でもとってもおいしかったと、そして油との相性もよいとメールで感想をいただいた。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜

2012年08月21日

NEWS TOKYOの連載、東京育ちの美味探訪は、杉並区上高井戸の鈴木宗孝さんを訪ねる。


NEWS TOKYOの連載「東京育ちの美味探訪」は、16回を迎えた。
東京23区内には、10区に農地が存在し、そこでは、日々農業が営まれ、地域の皆さんに新鮮な農産物を供給している。
今回は、杉並区上高井戸で、地元の皆さんに畑で直売をするほか、小中学校の給食用に供給するなど、地産地消に協力している鈴木宗孝さんを訪ねた。



33キャプチャ.JPG

上の写真をクリツクする。
鈴木さんは、江戸から続く農家の11代目で、杉並地区の農業後継者の代表として、活躍している。

鈴木さんのお宅へは、都政新聞の細川奈津美記者に同行して、NPO法人ミュゼダグリの皆さんと農家見学会を行ったが、その様子は当ブログで紹介している

posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2012年08月20日

清澄庭園での連続講演会「庭園アカデミー」に招かれ江戸東京野菜の物語を語る。


公益財団法人・東京都公園協会では「第29回全国都市緑化フェアTOKYO」にあわせ、「江戸の緑 東京の緑」をメインテーマに各分野の専門家を招いて連続講演会「庭園アカデミー」を開催している。
清澄庭園 大正記念館を会場に行われている第一回は河原武敏先生の講演で、当ブログで紹介したが、第2回としてこのほどお招きいただいた。




1-1004.jpg

連続講演会で毎回来られている方、テーマを選んでくる方いろいろのようだ。
テーマは、「江戸東京野菜の物語」だったので、物語の部分を多くお話ししたが、皆さん熱心に聞いていただいた。

続き を読む
posted by 大竹道茂 at 00:16 | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2012年08月19日

NHK-FM 「トーキングウィズ松尾堂」で、江戸東京野菜を語る。


一週間前からしつこくご案内していた NHK-FM 〜夏こそ元気に野菜を食べる〜 が放送された。

丁度、始まる時間には山梨県甲州市勝沼のぶどうの丘で食事をしていた。
朝、9時前に自宅を出た。息子が運転するワンボックスカーで家族7人が一泊の旅へ出たもの。



1-1003.jpg

上の写真をクリックする
食事が済んで、次の目的地は、ぶどうの丘から見える、笛吹川フルーツ公園だ。

ここのアクアアスレチック公園に孫たちが行ってみたいと云うのでやってきた。
滝があったり、渓流があったり、アスレチックがあったりで、面白いらしくキャーキャーやっていたが、こちらは番組を聞きながら見守っていた。

収録にあたっての裏話は当ブログで紹介している。



posted by 大竹道茂 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

10月6日〜8日「東大マルシェ」開催で打ち合わせ会が開かれる。


先日、西東京市にある東京大学付属生態調和農学機構が江戸東京野菜に注目し、栽培を始めた話は、当ブログで紹介した。
その後、小金井市の黄金の里に、大学院農学生命科学研究科の細野ひろみ准教授が訪ねてくれて、東大生態調和農学機構(旧東大農場) を、地域に開かれた機構として「東大マルシェ」を設置するという構想についてご説明をいただき、栽培を始めた江戸東京野菜も目玉にするために協力を求められた。


1-1キャプチャ.JPG

これまで、地元の西東京市の市民や生産者との意見交換は行ってきたようだが、この度、中嶋康博教授(大学院農学生命科学研究科農業・資源経済学専攻) のもとで「第一回 東大マルシェ販売試行会打ち合わせ会」が、同大生態調和農学機構本館2階会議室に、市民、学生、大学関係者など18名を集め開催された。
地元西東京市の生産者の代表としては、現役時代に保谷の青年部長だった保谷隆司さん(同市農業委員会会長職務代理)が出席されていた。

会議では、10月6日〜8日に、同大付属機構正門近くを会場に行うこととが、報告された。
同大機構で生産されるものは、米、クリ、カキなどのほか、江戸東京野菜である。
地元西東京市、福島会津産直品、京都の京野菜、和歌山、宮崎、新潟の産物も予定されていた。

上の写真をクリツクする。
伺った日も、本館玄関に、農場で収穫された「じゃがいも(男爵)100円」が売られていたが、特別に売る場所はないようだ。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2012年08月18日

猛暑の中、「野菜の日」の打ち合わせに、三國シェフを訪ねる。


日本列島が高気圧に覆われて猛暑日になった。
一昨年の猛暑日に、オテル・ドゥ・ミクニで「東京の地産地消」というランチセミナーがあった。

その時、迎賓館赤坂離宮前の公園の水場で、暑さをしのぐために、雀が水浴びをしていた。

再び、四ツ谷駅に降り立ち、オテル・ドゥ・ミクニに向かったが、少し早かったのであの日のことを思い出して、遠回りをして公園に寄ってみた。



1-1001.jpg


上の写真をクリツクする。いたいた、!。
あの日と同じように、何羽もが飛んできては水浴びして飛び立つ、
そんなところをしばらく見ていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2012年08月17日

あっぱれ! STUDY & CAFE ” Vol 09は、野口勲さんをお招きして種のことを考える。


「江戸東京野菜には、一つ一つに物語がある」と云っているが、物語に興味を持ってくれた次が「栽培してみたい!」「食べてみたい!」につながっていく。
そんなことで、タネの相談をされると、固定種に特化している「野口のタネ」(042-972-2478)を紹介している。

固定種にこだわる江戸東京野菜としては、「野口のタネ」の野口さんにはいろいろとご教授をいただいている。



1-1キャプチャ.JPG


NPO法人ミュゼダグリでは、一昨年、「STUDY & CAFÉ」で、野口さんに来ていただいて皆さんに聞いていただいたことがあったが、好評だった。

上の写真をクリックし拡大してご覧ください。


今回もタネにまつわる話、それは私たちの食の未来にまで発展する。楽しみだ。
都立園芸高校の諸君が、野口さんの講演を聞きに行ったとかで、その感想を同校のブログに掲載した
ご参考までにリンクする。

会場は、石黒工務店2階会議室になる。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2012年08月16日

8月31日は野菜の日、地元野菜の魅力を再発見!、三國清三シェフと語る江戸東京野菜。


「みんなのよい食プロジェクト」は、これからの日本人にとって本当に「よい食」とは何かを、日本の農家、JAグループ、消費者のみなさんが一緒に考え、行動していく運動だが、
同良い食プロジェクトでは、野菜の日(8月31日)に、三國清三シェフを招き江戸東京野菜について語るトークショーを企画した。


キャプチャ33.JPG

1-1キャプチャ55.JPG

地産地消を推進する三國シェフは、東京に来たら東京産の食材を食べてもらおうと、
2009年9月、東京駅の近くに "ミクニ マルノウチ" をオープンした。

東京産野菜に注目する三國シェフが東京の農業について思いを語る。

当日は、東京産野菜を使ったシェフの一品が、ご賞味いただけます。
ご期待ください。

申し込みは、上の写真をクリックする。

日程 : 平成24年8月31日(金) 17:30〜19:00まで
会場 : 大手町JAビル4階 農業・農村ギャラリー


定員50名 参加費1名500円(全額東日本大震災被災地へ寄付いたします。)
皆さんお待ちしています !。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2012年08月15日

東京ガスの広報紙「MY DEAR」vol.007に”江戸東京野菜”復活プロジェクト、が掲載された。


東京ガスの広報誌「MY DEAR」Aug.7の『”チェンジ”の潮流』に、生産者や料理人とともに取り組む”江戸東京野菜”復活プロジェクト、が掲載された。

同誌は、”ホスピタリティ・イノベーション”をコンセプトにして、ホテル経営のヒントとなる各地の取組みを紹介し、首都圏のホテルマネジメント層(経営者層)に送付しているもの。
この企画は、、全国各地の街おこしや、観光客誘致、活性化策等の成功事例や経営のヒントを取り上げているという。



1-1img305.jpg


6月上旬、同誌の企画編集に携わる藤野浩章氏からメールをいただいた。
江戸東京野菜の復活にかける意気込みや有名シェフとのコラボレーション、情報発信等の事例を紹介したいという。
どのようにして、藤野氏のお目に留まったのか、伺わなかったが、願ってもないことで、お受けした。

上の写真をクリックする

A4版 3頁にわたって掲載された『”チェンジ”の潮流』。

急激な都市化の進行が "旬"と"物語" を消していった。
江戸野菜の"種"を集めることから 復活のプロジェクトが始まった。

有名シェフが注目する素材 町おこしのテーマとしても活用
さまざまなリスクを超えて 30種類の伝統野菜が復活

「食育」を通して食文化を伝え 「栽培」を守って野菜を知ってほしい


と適切な小見出しがわかりやすい。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2012年08月14日

練馬産農産物の6次産業化「ねりま発 地産 創造 ねりまベリー交流会」


実家に行く前に寄ったJA東京あおばこぐれ村(農産物直売所)の横で、練馬の農家と同区内の和洋菓子店などの異業種により構成された「ねりまベリー交流会」が、第4回ベリーフェスティバル(夏のブルーベリー収穫祭)を開催していた。
同交流会は、収穫期を迎えた新鮮な練馬産のブルーベリーを使ったシフォンケーキや水まんじゅうなどの洋菓子や和菓子を知ってもらおうと始まったもの。

今回は、区内の農産物にまで対象を広げて商品を開発。練馬大根やトマトを使った発泡酒など、魅力いっぱいの新商品(計6品)を製作した。
売り上げの一部は震災復興支援の義援金として寄付する予定だとか。




1-1002.jpg


「練馬大根発泡酒」 を買ってきた。
ラベルには「練馬大根と練馬大根の酵母を加えて造りました」とあり、確かに酵母の味と、ほんのりとした大根の香りもして、クセのない飲みやすい発泡酒だった。

上の写真をクリックする
「ブルーベリーサイダー」に、「ベリーさいだあリキュール」なども商品開発したという。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2012年08月13日

「練馬かじゅあるファーム」永井農園でブルーベリーの収穫。


練馬区南大泉の永井農園( 園主・永井昭さん)近くを通ったので寄ってみた。
当ブログでは、都市農業のあり方を示してくれるような農業経営を行っている永井農園を何回も紹介してきた。今回は、「ブルーベリ摘み取り園」を紹介する。



1-1P8044531.1.jpg

JA東京あおばブルーベリー研究会の会員でもある永井さんは、ブルーベリー8種類136本を栽培している。
6月中旬から8月中旬まで、火、木、土曜日の3日間は9時から開園している。
この日も9時過ぎだが、畑に行くと、そこに笑顔があった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達