2012年08月04日

江戸東京野菜に新たに8品目が加わり30品目になる。


江戸東京野菜はJA東京中央会が、商標登録し同会が結成した「江戸東京野菜推進委員会」が定めた定義によって品種を決め、これまで22品目が江戸東京野菜として定められていた

このほど、夏野菜の収穫期を迎え、新たに江戸東京野菜として出荷する上で、未登録の野菜について、第10回 江戸東京野菜推進委員会で協議され、新た8品目が加わった。




1-0014.jpg


会議では、新たな「江戸東京野菜」の品目について、JA東京あおば地域振興部長の内堀比佐雄氏から、野菜4品目の提案があった。

その一つが、都立園芸高校でも試作されていた、志村みの早生ダイコンだ。

上の写真をクリツクする同JAでは、昨年から板橋区の伝統野菜志村みの早生ダイコンの栽培を行っていて、当ブログでも紹介していた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達