2012年08月07日

江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座の修了者が金竜小の栽培指導を実践。


台東区立金竜小学校から、江戸東京野菜を栽培したいので、協力してほしいというメールが入り、江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座の受講者の中からか選出した。

下町の台東区と云うこともあり、江戸川区から来ている農家の木村重佳さんにお願いしたが、快諾を得たので、6月に打ち合わせに行っていただいたことは当ブログでも紹介している。



1-12012073111270000.jpg

すでに木村さんは、何回か同校を訪れていて、小金井の井上誠一さんが仕立てた寺島ナスの苗を、鉢植えにしていた。
広い畑がある小学校だが、これまで何を栽培してきたか等、畑の栽培履歴が不明確だったことや、どのような.肥料を使ってきたなどが不明確だったことから、連作障害を恐れて、とりあえず鉢植えにしてきた。

木村さんは
「苗の植え付けからひと月あまり、寺島ナスは元気に育っていました。
わずかですが、実も成っていました。

阿部先生によると、水やりなどの管理は生徒さんたちの間で手分けして行ってきたそうです。僕が伺った日は大変な猛暑で、炎天下のさなかにもかかわらず、生徒さんたちはせっせと寺島ナスを植え替えておりました。」



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組