2012年08月15日

東京ガスの広報紙「MY DEAR」vol.007に”江戸東京野菜”復活プロジェクト、が掲載された。


東京ガスの広報誌「MY DEAR」Aug.7の『”チェンジ”の潮流』に、生産者や料理人とともに取り組む”江戸東京野菜”復活プロジェクト、が掲載された。

同誌は、”ホスピタリティ・イノベーション”をコンセプトにして、ホテル経営のヒントとなる各地の取組みを紹介し、首都圏のホテルマネジメント層(経営者層)に送付しているもの。
この企画は、、全国各地の街おこしや、観光客誘致、活性化策等の成功事例や経営のヒントを取り上げているという。



1-1img305.jpg


6月上旬、同誌の企画編集に携わる藤野浩章氏からメールをいただいた。
江戸東京野菜の復活にかける意気込みや有名シェフとのコラボレーション、情報発信等の事例を紹介したいという。
どのようにして、藤野氏のお目に留まったのか、伺わなかったが、願ってもないことで、お受けした。

上の写真をクリックする

A4版 3頁にわたって掲載された『”チェンジ”の潮流』。

急激な都市化の進行が "旬"と"物語" を消していった。
江戸野菜の"種"を集めることから 復活のプロジェクトが始まった。

有名シェフが注目する素材 町おこしのテーマとしても活用
さまざまなリスクを超えて 30種類の伝統野菜が復活

「食育」を通して食文化を伝え 「栽培」を守って野菜を知ってほしい


と適切な小見出しがわかりやすい。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介