2012年08月23日

東京ガス「ライフバル」よりお届け。東京の特産品シリーズは「奥多摩わさび」


ガス機器と暮らしにまつわる生活情報を掲載している「ハッピースマイル」は地域密着の「ライフバル」よりのお届けとして、潟Gープラス イーネットワーク(代表小野寺徹氏)が発行している。

同誌は、年4回で13号を発行したが、これまで東京の特産品シリーズとして当研究会が提供した情報をもとに取材を続けてきた。
これまで紹介していなかったが、のわぼう菜、谷中生姜、東京うど、亀戸大根、馬込半白胡瓜、東京長かぶ、馬込三寸人参、寺島ナス、伝統小松菜、金町小かぶ、しんとり菜、そして今回の奥多摩わさびだ。



1-1mg317.jpg


6月中旬、同誌代表の小野寺氏と江戸東京野菜料理研究家の酒井文子さんが奥多摩わさび栽培組合の竹内和男組合長を訪ね、今年一番出来のいい、副組合長の坂村裕之・清美ご夫妻のワサビ田を取材してきた。

上の表紙をクリックする
7月に発行された13号には、花が咲き終わり、タネの入った莢(左上)が掲載された。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥多摩ワサビ