2012年08月28日

浅草サンバカーニバルを横目に、押上「よしかつ」で絶品を味わう。


NPO法人ミュゼダグリの納所二郎理事から、雑誌「料理王国」の企画を担当されている木越敦子さんとフードマイレージの研究者・中田哲也氏とで、会食をするから来ないかとのお誘いがあった。
丁度その日は、荒川区環境課から招かれているから終わり次第伺うことで承諾した。



1-1P8255973.JPG

久々の「よしかつ」だったが、最初に出てきたのが、「本田うりと生ハム」

本田うり(世田谷・都立園芸高校産) ハムは輸入原料国内製造品。
都立園芸高校の「本田ウリ」栽培担当の矢野貴彦君(園芸科3年)の作品だ。

先日、NHK-FMの番組内で、ギャル曽根さんが、「美味しい!、メロンだ!、」と喜んでいただいた代物。

彼女は「生ハムもいいし、ヨーグルト・サラダにもあう。」と云っていたが・・・・
生ハムの塩気が、本田ウリの甘みを引き立てていて絶品。


続きを読む