2012年08月31日

砂村一本ネギのタネが後輩たちに伝わった。江東区立第五砂町小学校でタネの贈呈式。


伝統野菜の固定種は、タネを播き、作物を栽培して、食べ、その一部からタネを採り、翌年また播き、というようなサイクルで、タネを通して命が今日までつながってきた作物だと、小学校などの食育の時間にはお話ししてきた。
江東区立第五砂町小学校(遠藤 朋子校長)では、栄養教諭の銭元真規江先生が、その大切なつながりを生徒たちに意識させながら、地元の歴史を今に伝える、伝統野菜の「砂村一本ネギ」を栽培してきた。



1-1019.jpg

「砂村一本ねぎを復活させよう」
〜砂町ゆかりの野菜を知ろう〜


今年で3年目になる。現在の6年生が4年生の時に、日本農林社の砂村一本ネギのタネを播いたことから始まり、採取したタネを現在の5年生が4年生の時に栽培して給食で食べタネも採った。
このことは、当ブログで紹介している。

上の写真をクリックする
4年生3クラス109名がランチルームに集まり、5年生の代表3人からタネが手渡された。
5年生は、「砂村一本ねぎを一生懸命栽培し、たくさんのタネが採れました。
これで立派なネギを作ってください。」とエールを送れば、4年生代表は、4年生全員に向かって、「5年生達に負けないように、立派なネギを栽培して伝えていきます。」と力強く決意を表明した。

続きを読む