2012年12月02日

押上げ「よしかつ」が都内産農林水産物を使用した第3回料理コンクールで優秀賞。


都内産農林水産物を使用した料理コンクールは今年で3回を迎えた、11月に最終審査が行われ、東京都はネット上で発表している。
同コンクールは、東京都産業労働局農林水産部食料安全課が実施しているもので、
都内産農林水産物の良さを都民の皆様にPRし、消費拡大を図るために、東京にある多種多様な優れた農林水産物を使用した料理を公募している。



1-1005.jpg


同コンクールには、押上げ「よしかつ」のご主人、佐藤勝彦さんが、応募したと聞いていた。

「よしかつ」は、当ブログでも紹介しているが、東京の食材にこだわったお店で、野菜の他、江戸前や伊豆諸島の魚介類も料理され、出てくる料理を一つひとつ説明してくれるから、食材への思いが伝わって人気のお店だ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

仙台の伝統野菜 見事な「松島純二号」と、仙台白菜料理まつり!


山形に行く都合があるが、その頃いますかと仙台朝市 今庄青果の庄子泰浩専務にメールを送ると、前に当ブログで紹介した、岩手県花巻市にある宮澤賢治が自耕した「下ノ畑」の白菜が、収穫期を迎え収穫してきたという。

「色々、話を聞かせてください」と返信しておいた。



1-1キャプチャwey.JPG


山形から高速バスで1時間半足らずで仙台に着いた。

仙台駅前にある東四青果食品市場の一角に今庄青果はある。
店を覗くと、庄子専務がパソコンに何やら打ち込んでいるところだった。

ヤアーヤアーのご挨拶の後、近くにあった白菜を持つと、「惚れ惚れするでしょうこの形 !」一時代を築いた伝統の「松島純二号」だ。
しかも、宮澤賢治の「下ノ畑」産。

上の写真をクリックする
松島純二号が山積。
友人の小野賢二君の奥さん羊子さんが宮澤賢治の研究者なので、食べてもらおうと送る手続きをした。

「これも入れておきます。」と云って、塩釜野々島での種まきから、収穫までの写真をDVDに記憶したものと、みんなの白菜物語プロジェクトの記事も入れてくれた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話