2012年12月12日

砂村一本ネギが育つ、葛飾区新宿(にいじゅく) の矢作東一さんの圃場に伺った。


矢作東一さんは、同地区の伝統として新宿一本ネギを栽培していて
今年初めに、千住ネギや新宿ネギの元になった砂村の伝統野菜、砂村一本ネギの栽培をお願いしたが、快く引き受けてくれた。



1-1001.jpg

砂村一本ネギの収穫は、12月15日頃だそうで、「特に栽培は難しいことはなかったらしいョ! 」と、小金井市で砂村一本ネギの栽培に挑戦している高橋金一さんに伝えると、「是非、圃場見学に連れて行ってくれ!」と云うので、京成の高砂駅に10時の約束で待ち合わせた。

矢作さんのお宅は、高砂駅から北に徒歩15-6分の所にある圃場だが、駅まで車で迎えに来ていただいた。
矢作さんは、元JA東京スマイルの経済指導課長時代、農家の営農指導を担当するJA東京指導員連盟の会長を歴任している。
高橋さんとは、初対面の挨拶をしていたが、なんと現役時代に会っていることがわかった。



続きを読む