2012年12月13日

JA高知はた女性部のみなさんがリーダー研修として浅草で江戸東京野菜を食べ、学ぶ。


JA高知はた女性部(宮脇眞弓部長) リーダーのみなさんが、12月10日、東京にお越しになった。
JA高知はたは、県西部の四万十流域で温暖な気候を生かして、水稲、野菜、花き、柑橘、等の栽培をされている。

東京は快晴、穏やかな日和だったが、高知は雪だったとか。
JAから高知空港まで2時間以上かかるようだから7時35分発の全日空に乗るのに、皆さん3時起床だったようだ。お疲れ様。



1-1007.jpg


1ヵ月以上前に、Nツアーから、講演の依頼が入った。
高知の皆さんには、今年1月にJA四万十女性部の方々とお会いしていて、錦糸町の会議室で江戸東京野菜の話を聞いてもらい、小松菜の収穫を江戸川で体験していただいたことがあった。

今回は、浅草の茶寮「一松」で江戸東京野菜を使った昼食をとってから江戸の野菜文化「江戸東京野菜を学ぶ」を聴いてもらう。
一行には、同JA女性部の事務局・池内美代さんと、同JA旅行センターの山岡力氏が付き添っていた。

また、皆さんが来る前に、パソコンやプロジェクターのセッティングには 株_協観光 グリーンツーリズム・教育旅行課の前場大樹さんが担当、司会もして紹介してくれた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話