2012年12月24日

天皇誕生日の一般参賀に出かけた。


天皇誕生日の一般参賀に家内と孫娘の3人で出かけた。
空はどんよりとしていたが、風がない分救われた。

9時半から参入できるようだが、我々は10時頃、ボディチェックなど終えて二重橋から参入したが、宮殿東庭にはすでに参賀の方々で埋まっていて、新聞各社がカメラを構える前の、長和殿ベランダが遠く真正面に見える辺りに陣取った。



1-1001.jpg


天皇陛下が,皇后陛下,皇太子同妃両殿下及び秋篠宮同妃両殿下とご一緒に、午前10時20分にお出ましになった。
一斉に沸き起こる万歳、しばらく日章旗を振りながら万歳の連呼。

79歳の誕生日を迎えた天皇陛下のお言葉に参賀会場は静粛。
「誕生日にあたり、みなさんの祝意に深く感謝します。」で始まった陛下のお言葉は、東日本大震災の被災地に想いを馳せ、「これからも私どもは被災者のことを思いつつ、国民みなの幸せを願って過ごしていくつもりです。
来る年がみなさん一人びとりにとってよい年であるよう祈っています。」との温かいお言葉が印象的だった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記