2012年12月29日

NPO法人ミュゼダグリの農家訪問は、西東京市の矢ケ崎農園を訪ねた。


NPO法人ミュゼダグリでは、12月も押し迫った24日にも、西東京市の矢ケ崎農園を訪ねた。
園主の宏行さんは、秋季の江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座を終了されていて、一度お邪魔したいとお願いしていた。
矢ケ崎さんの農園は、畑が50a、ハウスが12棟でうち10aの大きいハウスと間口5.4mの中ぐらいのハウスが6棟、間口3mのハウスが5棟となっている。
主に栽培している野菜は、ルッコラを周年栽培している他、スナップエンドウ、春菊で、結球しない芽キャベツのプチヴェール等の他、江戸東京野菜の栽培も始めている。



1-1003.jpg

スナップエンドウは、中型のハウス1棟で栽培していたが、9月上旬に播種をして、収穫は11月中旬から始まっていて、4月まで実りつづけるという。
この時期は6℃に保つため、このハウスだけ、ビニールで二重に覆い加温もしている。

ミュゼダグリの酒井文子会長と野菜ソムリエの上原恭子さん、佐々木昭さん、納所二郎さんも生のままほうばったが、甘い。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動