2013年02月05日

冊子「とうきょうを、食べよう」2013年版が送られてきた。


冊子「とうきょうを、食べよう」の「とうきょう特産食材使用店ガイド2013」が送られてきた。
この事業、東京都が地産地消に取り組む飲食店を応援するとして、2010年から「とうきょう特産食材使用店」の募集を行ってきた。

これは、郡民の食の安全安心に対する関心や地産地消を求める声が高まる一方で、生産量及び流通量が限られている都内産農林水産物については、消費者に十分に認知されていない状況にありることから、
東京都では、都内産農林水産物を積極的に使用している飲食店を「とうきょう特産食材使用店」として登録し、PRすることにより、飲食店における地産地消の取組拡大や消費者の都内産農林水産物への理解促進を図り、消費及び生産の拡大を目指す、としている。



1-1img762.jpg


2013年版には193店舗が掲載された。
この冊子は、都庁第一本庁東京観光情報センター、都庁展望室PRコーナーで配布しているという。
ガイドブックの表紙をクリックすると東京都のホームページにリンクする。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の飲食関係