2013年06月30日

「月刊やさい通信」6月号で紹介された、早稲田ミョウガのミョウガタケはおひたしで。


1週間前から、「告示!」として、「月刊やさい通信」6月号を案内してきた。

番組は、糸井重里さんとクリス智子さんがメインだが、今回はゲストとして、ミョウガが大好きだという片岡鶴太郎氏が出演した。

片岡氏が昔書いたという、ミョウガの絵も紹介されたが、独特で味がある。

番組は、全国の8割を担うミョウガの大産地「高知」が紹介された。
トップに出てきたハウスでのミョウガ栽培には度肝を抜かれたが、土を使った昔の栽培法だと云っていたが、私だけではない、糸井氏も片岡氏もクリスさんも同じようなリアクションだ。

須崎市の大野彰さんと云う生産者が、30年前からハウスでのミョウガ栽培を始めたと話す。
バブル崩壊で業務用の12個パックが売れなくなったことから、家庭用の3個入りパックで売り出したことから、小売店で売れるようになり、この地域の売り上げは年間52億円だという。

「月刊やさい通信」でも、最新の水耕栽培は企業秘密で撮影禁止だった。

博学の片岡氏が・・・
ショウガを兄香(セノカ)、男香・夫香。
ミョウガを妹香(メイガ)、女香、妻香。

「セノカ」が「ショウガ」に変わっていった。
「メイガ」が「ミョウガ」に変わっていったと・・・と薀蓄を披露。


他の産地としては、奈良の花ミョウガ、富山の小佐波ミョウガ、群馬の陣田ミョウガ、長野の清内路ミョウガの産地があると紹介していた。


0007.jpg


「早稲田ミョウガ」のミョウガタケが最後に紹介された。

ミョウガ発見の様子は、2010年8月21日の「ニュース7」から引用していた。

そして、井之口さんがミョウガタケを収穫し、インタビューに応える。

料理をするのは、「広尾一会」の主人 渡部純一氏。ミシュランの星を受けている。

ミョウガタケの葉を口に入れると、「いい香りです」とニヤッとして料理に取り掛かる。

刻んだミョウガに塩を一振り、軽くもんで「おひたし」にすると云う。
しばらくして、「細胞から水分が抜けたところに出汁が入っていく」それが狙いだという。
出汁は企業秘密で、ネギとショウガは隠し味だそうだ。

「これはいけますネ・・・主役だ・・」
「ミョウガにとって 本望だネ!」は糸井氏

「繊細で、シンプルで・・・」は片岡氏

「最後に大きな舞台を作ったような気がする・・・」と糸井氏が締めた。

早稲田ミョウガのミョウガタケにとっても、素晴らしい舞台を作ってくれた




posted by 大竹道茂 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2013年06月29日

東京都農住都市支援センターでは、毎年実施している東京野菜収穫体験・料理教室を実施した。


東京都農住都市支援センターが、毎年実施している東京野菜収穫体験・料理教室が先日、立川市内で開催されたが、当ブログでも案内している。

会場となったのは、豊泉裕さんの体験農園「スマイル農園」で収穫体験を楽しんだ後、料理教室は、隣接する豊泉さんの「スマイルキッチン」で、収穫してきた野菜を料理した。



1-1003.jpg

スマイル農園では、ハウストマト、タマネギ、キャベツの収穫を体験した。

上の写真をクリツクする
料理の指導は、江戸東京野菜料理研究家で食育・野菜料理コーディネーターの酒井文子先生。

当日の料理は、

●じゃがいもと野菜のナムル
●だし(山形の郷土料理)
●トマトと卵の簡単スープ
●なすのもっちりチヂミ
(東久留米産伝統の柳久保小麦使用)

○馬込半白胡瓜のお漬け物


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2013年06月28日

西東京の矢ケ崎さんの畑では、伝統のマクワ瓜に、伝統の菊座カボチャが生育していた。


「府中の御用瓜」と、新宿柏木の「鳴子瓜」が復活に向けて、定植されたが、そのマクワ瓜の苗づくりを担当してくれた西東京市の矢ケ崎宏行さんのお宅に伺った。



1-1005.jpg

新宿区立柏木小学校の様子と、府中の石川孝治さんの畑の様子は当ブログで紹介しているが、

矢ケ崎さんの畑も順調でハウスとハウスの間の露地に7本ほど植えてくれていて、実をつけていた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2013年06月27日

「ダイナースクラブ イタリアン レストランウィーク 2013」のプレス発表とレセプションが25日開催された。



「ダイナースクラブ イタリアン レストランウィーク 2013」のプレス発表とレセプションが25日、駐日イタリア大使館で開催された。

"日本におけるイタリア2013" ( ITALIA IN GIAPPONE 2013 ) が開催されている今、食文化も体感してもらおうと、関東を中心として120店舗(25日現在) のイタリアンレストランの協力のもと、『ダイナースクラブ イタリアンレストランウィーク 2013』を、11月2日(土) 〜 11月17日(日) の16日間にわたって開催する。

ウィークに先立ち、プレス発表が行われるからとスピンドルからご案内をいただいた。



1-1044.jpg

開会にあたって、駐日イタリア大使館 イタリア特命全権大使のドメニコ・ジョルジ氏が、歓迎の挨拶を行った。

上の写真をクリックする
続いて、特別協賛のシティカードジャパンの マルコ・レヴェルディートCEO。

協力、日本イタリア料理協会からは、落合務会長(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ )。

また、ウィーク参加シェフを代表して、ミシュランガイド東京2013において、イタリア人シェフで唯一2年連続で星を獲得したブルガリ イル・リストランテのエグゼクティブ シェフ  ルカ ファンティン氏 が、それぞれ挨拶を行った。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2013年06月26日

八王子の立川さんに、馬込三寸ニンジンのタネを手渡して、栽培ポイントを伺う。


先日、八王子市大和田の、福島秀史さんと高倉ダイコンの生産者、立川太三郎さんのお宅に伺ったことは、当ブログで紹介した。

福島さんは、江戸東京野菜の何かに係わりたいというので立川さんを紹介したわけだ。
9月の初めには、高倉ダイコンのタネを播くというので、それ以降、福島さんがお手伝いが始まる予定だ。




1-1.4.jpg


太三郎さんのルーツは、大田区中馬込の波田野家だそうで、昔は、石川町でも、馬込三寸大太人参を作ったそうで、タネがあったらまた作りりたいと「タネ」を頼まれていた。

練馬の渡戸秀行さんが、一昨年のタネならあるというので、宮寺さんとトウガラシの苗をもらいに行ったときに、馬込三寸ニンジンをいただいてきた。

立川さんは、作っていただけに詳しい。
馬込三寸ニンジンは、25℃以上だと発芽が悪いという。
1年前のタネだと云うと、今実らせている新タネより、丁度良いという。

このタネは細かいから、播くのは大変だが、用土と混ぜて播種する、特に、ニンジンが混んでいて株間が狭かったり、肥料食いの人参だから、肥料が少ないと、大太の頭が大きくならずに、細長いニンジンになってしまうという。

葉の大きな作物(里芋等) は水が必要だが、ニンジンのような葉が切れ込んでいたり小さい葉の作物は水はいらないという。、子どもに裸足で踏ませることをやっていたという。
ニンジンは、軽い土はだめで、重い土が良いという。
肥料は、ニンジンの配合肥料を使う予定だという。

雨が止んだら、明日にでも播種すると云う。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種

2013年06月25日

今年も、北区立稲付中学から依頼されて、サタデースクールで、江戸東京野菜の話をしてきた。


昨年に続いて、北区立稲付中学校(武田幸雄校長) の栄養教諭・佐藤綾子先生から、電話をもらった。
昨年実施た、サタデースクール・(土曜公開授業)を、今年も実施するので、江戸東京野菜について話してほしいと云うもので、22日が2クラス、7月6日が2クラスの4クラスだ。
昨年実施しているので、その反省点も、ふまえてパワーポイントを見直し、お引き受けすることにした。




1-1キャプチャ5.JPG

近くには、西が丘サッカー場の北、通りを挟んで同校はある。
サッカー場側から、校庭を撮っていたら、フェンスの向こうに、ミニトマトが並んでいた。

上の写真をクリツクする
野菜の栽培は、昨年も栽培されていたが、今年から中学校では「飼育と栽培」が必須になっていて、2年生が栽培しているようだ。

佐藤先生が技術の先生と相談して、鉢を考えたようだが黒いビニールと、白いビニールの二重構造の袋にたっぷりの用土を入れて定植したようで、よく考えられている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2013年06月24日

江戸東京野菜の「つまもの」を使った、お料理の写真が届いた。


江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座・入門編」で、皆さんに江戸東京野菜の「つまもの」を、お土産にお持ち帰りいただいた。
その際、つまものをどのようにして食べたか、写真を送ってくださいとお願いしてあったもの。



0-10009.jpg

上原恭子さん(クッキングインストラクター/野菜ソムリエ)から、写真が届いた。

先日の「江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座・入門編」のお土産でいただいた「つまもの」で料理を作りましたので画像を添付いたします。

この他に「あゆたで酢味噌」「あゆたで味噌」も仕込んでありますので、「豆腐サラダ」「田楽」なども作りました。







続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2013年06月23日

NEWS TOKYO で連載されている東京育ちの美味探訪は、地元の特産品としての復活をめざす「拝島ネギ」だ。


昭島市は、昔からネギの生産農家がが多かった。
同市では、拝島ネギか伝わっていて、特に葉が柔らかく、焼いたり、鍋物にすると甘味のあるネギとして、同市周辺の農家でも栽培している農家が多い。



キャプチャert.JPG

上の写真をクリツクする。

鈴木さんのお宅には、NPO法人ミュゼダグリの農家見学でお邪魔し、当ブログでも紹介した。

拝島ネギばかりか、水田の話、湧水の話、と鈴木さんの農業について色々と教えていただいた。






2013年06月22日

内藤とうがらしプロジェクトリーダーの成田先生の要請を受けて、江戸東京野菜として決定を目指す。


5月の初めに、内藤トウガラシで新宿のまち興しを推進している、成田重行先生(NPO法人 おいしい水大使館 内藤とうがらしプロジェクトリーダー )から、内藤トウガラシのタネを預かった。

何でも、新宿のまち興しで、歴史を調べて行ったら、内藤とうがらしに行きついたそうで、当時の原種に近い種をあちこち探し、2010年に、筑波にあるジーンバンク(独立行政法人・農業生物資源研究所) にあることがわかり、その原種に近い種を隔離して栽培してきたという。

しかし、内藤トウガラシが有名になると、「内藤トウガラシ」と称して、あちこちで便乗したものが栽培されるようになり、それを避ける意味でもぜひ、採種や苗づくりの生産者を特定できないかと、云うことで生産者のご紹介を依頼された。



1-1008.jpg


現在、内藤とうがらしは、2人以上の生産農家がいないことから、江戸東京野菜としてまだ決定されていないこともあり、それらも解決したいのが成田先生のお考えのようだった。

練馬の渡戸秀行さん、小平の宮寺光政さんに相談したところ、渡戸さんが苗床があるから作ってもいいということで、宮寺さんも渡戸さんにお願いするということになった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 内藤トウガラシとカボチャ

2013年06月21日

府中市でのマクワ瓜栽培のルーツを探る。


1994年(平成6年)、府中市に真桑瓜の故郷、岐阜県真正町から、同町のまち興しの企画として、マクワ瓜のタネが送られてきた。19年も前の話しだ。

「元和三巳年(1617)の頃以降、江戸幕府は、美濃のマクワ瓜名人を毎年府中に呼び、御用瓜を栽培させた史料に習って、送られてきたもので、

それを受けて同市では、タネを市内の代表的な農家に配布して、栽培が始まっている。

1997年には、市が実施していた市民農業大学に「御前栽瓜コース」を設けて、市民参加による栽培もおこなわれた。

現在取り組んでいる、府中でのマクワ瓜栽培の復活は、当時の関係者にお会いして、アドバイスをいただくことも重要だと思って、何方が栽培していたのか探していたが、府中市の担当者は定年退職、真正町も同じだが、さらに町村合併で本巣市になるなど、古いことを知る人は少なかった。




1-1002.jpg

江戸東京野菜に注目して、1998年から2005年にかけて、雑誌「散歩の達人」に、新井由己さん(Photographer,Writer) が、「江戸野菜の産地を歩く」を、不定期で連載していた。

東京近郊で作られている昔ながらの野菜ということで埼玉や神奈川を含め、馬込半白節成胡瓜、奥多摩の山葵、練馬大根、のらぼう、まくわうり、馬込大太三寸人参、東京うど、あしたば、紅赤、小松菜、三浦大根、八丈島の島うり、世田谷のトマト(脚光&トロビック)、杓子菜、大蔵大根、下山千歳白菜、千住葱と、連載は17回にもわたっていて、構成・文・撮影を一人でこなしている。

新井さんは、当ブログでも紹介したが、引き続き江戸東京野菜を応援してくれている。

最近は、新刊! 『誰でも簡単にできる! 川口由一の自然農教室』(宝島社)を執筆している。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2013年06月20日

八王子の伝統野菜・高倉ダイコンを守り継ぐ、立川太三郎さんを訪ねた。


先日、NPO法人 環境活動センター八王子から、招かれたことは当ブログで紹介した。
これまで、江戸東京野菜の復活・普及活動は、全都的に行っているが、南多摩地区の取り組みが遅れている。
昨年、八王子市の伝統野菜・高倉ダイコンを栽培している同市石川町の立川太三郎さんにお会いしてから、伝統野菜復活の拠点ができたようなつもりでいたが、中々伺えないでいた。




1-1011.jpg

江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会役員の福島秀史さんが、立川さんのお宅からそんなに遠くない八王子市大和田と伺っていたので、お誘いして一緒に立川さんのお宅に伺った。

上の写真をクリックする
自家採種しているという、葉唐辛子。
唐辛子が実ったら、実が小さくても葉が柔らかいうちに出荷するのだという。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種

2013年06月19日

府中市の石川さんの畑の「府中御用瓜」の生育は順調だ。、


府中市でマクワ瓜の復活を手伝っていただいている、府中市西府町の石川孝治さんの畑にひと月ぶりに伺った。

前日、新宿区立柏木小学校に伺っていて、マクワ瓜が実っていたことから、石川さんにお願いしっぱなしでいけないと、電話をしてから伺った。



1-1011.jpg


台風が来るまでの、雨不足における栽培管理には、ご苦労があったようだが、さすがに、石川さんの畑は、順調な生育を見せていた。

最近は、雷雨等の雨の道が変わったと石川さんは云う。
昔は大山方面に黒い雷雲が発生すると、この辺りに一直線に来たものだと云う。
石川さんの推測では、多摩ニュータウンで緑が開発されたことから、風の流れが大きく変わったようだとも。
同じことは、川向うの日野の小林和男さんも云っていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2013年06月18日

女子栄養大の増田さんから、新宿区立柏木小学校のマクワ瓜の報告がある。


先月末に、新宿区立柏木小学校 (齋藤等校長) で始まったマクワ瓜の栽培復活は、当ブログで紹介しているが、この取り組みを支援しているスタッフの1人女子栄養大の増田実り里さんから、報告があったので紹介する。




1-10013.jpg


メールによると
「14日に柏木小学校へ行って参りましたので、御報告します。
4年2組の授業にお邪魔しました。

授業内容
・先日、大竹先生がご講義なさった内容(鳴子瓜の由来、鳴子瓜の仲間、育て方、食べ方)のおさらい

・畑へ行って、鳴子瓜の摘心について勉強。
1本だけ、私が見本を見せ(写真の無印の方。本づるを5葉のところで摘心)ました。
後で子ども達が残りの3本の摘心をするそうです。

・教室へ戻って鳴子瓜の葉の観察。
キュウリやスイカの皮と同じ臭いがすることや、傷から水が出ることや、チクチクすることが面白いようでした。

葉っぱは食べられるのかと聞かれたので、「毒ではないけどおいしくないよ」と答えたら、何人かはかじってみていました。
子供の好奇心は素晴らしいです。」




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2013年06月17日

内藤とうがらし、早稲田ミョウガ、鳴子ウリ等、新宿区の歴史・文化を後世に伝える取り組みを確認。


先日、NPO法人おいしい水大使館・東京野菜STYLEの、成田重行先生から、新宿の区会議員で、新宿の伝統野菜を通して、まち興しを推進している根本二郎さんが、6月15日(土)午前10時より、新宿区役所屋上の菜園で、今期初めての作業が予定されているとの情報を教えてくれた。

その後、根本さんからもお誘いのメールをいただいたが、今年も、色々な企画から活気が伝わり頼もしい限りだ。




1-1014.jpg
 成田先生が、國井さんに内藤かぼちゃの苗をプレゼント。上の写真をクリックすると案内してくれた根本さんと歌舞伎町の一角にある新宿区役所。

新宿区役所の屋上は10数年前から緑化されていて、そんな一角に、菜園が造られていた。
この菜園、早稲田ミョウガの捜索でお世話になった、早稲田大学の堀口健治副総長(当時) が、「都会で猫の額程度の畑でも増やしていこう」という趣旨で、「NPO法人1u自然農園の会」の会が活用していたもので、

会員のひとり、國井孝昭さん(「NPO法人自然農あたい」代表理事)が、毎日のように菜園に足を運ん無農薬で栽培管理をしていると云う。
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2013年06月16日

「もの売り・大道芸☆ 東京野菜コレクション2013」が、7月12日(金)、浅草木馬亭で開催される。


江戸東京野菜を初めとする、地場の野菜に光を当てようと、「もの売り・大道芸☆ 東京野菜コレクション2013」が、日本の大道芸探訪プロジェクト第7弾として、7月12日(金)、浅草木馬亭で開催される。

出演は、浅草雑芸団で、坂野比呂志大道芸塾が主催する。




1-1img156.jpg


上のチラシをクリツクする
5月に、リーガロイヤルホテル東京で、東京野菜フェアが開催された時に、七味唐辛子売りの上島敏昭さんが、売り口上を実演したことは、当ブログで紹介している。

実演をプロデュースしたのが、現在はNPO法人おいしい水大使館・東京野菜STYLEの、成田重行先生と阿部千由紀さんで、今回の企画に協力している。

江戸東京野菜には「一つひとつ」に物語があると云ってきたが、文化論も復活、普及をするための重要な要素になっていて、大道芸の売り口上は、江戸文化の最たるものだけに、売り口上に表現できたら面白いと思っていて、楽しみだ。




posted by 大竹道茂 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2013年06月15日

ラジオ日本「岩瀬恵子のスマートNEWS」の特集で江戸東京野菜の早稲田みょうが復活を紹介



6月5日に、ラジオ日本の報道センター長の高倉亨さんから電話をいただいた。
早稲田ミョウガの情報を得たので、番組で紹介したいから、インタビューをさせてくれという。
何か、お急ぎのようで、今週か、来週ぐらいで、どこへでも行くからという。

8日に、江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座「入門編」が新宿であるから、始まる前なら時間をとれると伝えていた。
 



1-1キャプチャ2.JPG


お話によると、ラジオ日本(1422khz)では、去年の10月より放送している、朝のニュース情報番組「岩瀬恵子のスマートNEWS」(月〜金の朝6時30分〜8時50分までの生放送)で、6月10日(月)の朝7時17分からの特集のコーナーで紹介すると云っていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2013年06月14日

久々の雨で足元の悪い中、「八王子エコ広場」に大勢の皆さんが来てくれた。


NPO法人 環境活動センター八王子の佐藤ひろ子さんから、だいぶ前に電話をいただいていて、昨年と同じ「市民かんきょう講座」で、江戸東京野菜の話をしてくれと云うもの。

昨年、聞いていただいた方々からのリクエストがあったらしい。
タイトルは、とりあえず昨年同様で「江戸東京野菜ものがたり」〜地産地消 よみがえる旬の力〜で、計画してもらった。



1-1002.jpg

昨年は、八王子の農家、濱中洋子さんと草木和弘さんに会場に来てもらっていたが、今回は、江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会で役員をされている福島秀史さんが来てくれた。

福島さんのお住まいが八王子と聞いていたので、今度、八王子の「市民かんきょう講座」で江戸東京野菜の話をするので「来ませんか!」と誘ったもの。

講座は、NPO法人 環境活動センター八王子の主催で行われたが、再度招いていただいたので、渡辺政行副理事長(事務局長)にご挨拶をし、福島さんを紹介したが、何と ! 、お二人が驚きのご挨拶。

福島さんの家の前のお宅が渡辺さんの家だと云う、ご近所同士だが、お互いのお仕事のことは知らなかったようだ。
奇しくも、お二人とも江戸東京野菜の応援団だった。

八王子市環境部環境保全課の水越敦課長からも今回の講座を「楽しみにしていた !。」と云っていただいた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種

2013年06月13日

早稲田大学院ジャーナリズムコースの酒井悠さんを、ミョウガタケの圃場に案内。


先週、早稲田大学院政治学研究科ジャーナリズムコースに学ぶ、新聞記者志望の酒井悠さんから、メールをもらった。

何でも、授業の一環で「早稲田ミョウガ」についての新聞記事を作成しているとかで、取材の申し込みだった。

「早稲田に通う学生として、愛着のある土地のご当地野菜をぜひ広めていきたいと考えております。」

取材後は朝日新聞現役記者の指導の下、ウェブマガジン「Spork !」に掲載を目指すという。




1-1001.jpg

上の写真をクリツクする
取材の内容は、「復活までの経緯や、苦労、そしてこれからの普及活動についてお伺いする予定です。」と云う。

昭島まで来てくれるならとお約束したが、前日、こちらの都合で、急遽、練馬光が丘のホテルカデンツァに変更してもらった。
コーヒーを飲みながら小1時間取材を受けたが、カメラを持ってきてるか!、と聞いたら、持ってきているというので、早稲田ミョウガのミョウガタケを栽培している井之口喜實夫さんの了解を得て、お宅に案内した。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2013年06月12日

NPO法人ミュゼダグリ恒例の農家見学(6月)は、昭島市宮沢町の鈴木勇作さんを圃場に訪ねた。


鈴木勇作さんには、先日、昭島市農業経営者クラブの総会でお会いしていて、拝島ネギの話を聞いていて、一度伺いたいと思っていたが、都政新聞の細川奈津美記者も是非ということで、鈴木さんに時間をとっていただいた。




1-1004.jpg

このところの干ばつで、畑はブカブカ。見せていただいた伝統野菜・拝島ネギの苗は、その影響で10p程生育の遅れがあるとかで、定植は遅れそうだ。

拝島ネギは、一本ネギで、21年に昭島市が、昭島市特産のネギとして、立川市にある東京都農林総合研究センターに採種の依頼をしていたが、昨年良質のタネが地元JA東京みどり経由で、生産希望者に配布されている。
今年、秋には、昭島市が産業祭でお披露目する計画もあるようだが、この干ばつが、影響を及ぼさなければいいのだが。

また、ハウスでは、就農5年目のご子息 寿昭さんが、糖度(8〜10度)の高いトマト栽培(720本)をしていて、JA東京みどりの直売所「みどりっ子昭島店」や、市役所そばの農産物消費者交流施設「ふれっ旬」でもリピーターが多く確実に顧客をつかんでいる。



続きを読む

2013年06月11日

今年も開催される「独身農業男性との出会い!!」、交流会参加者募集が始まった。


(公財)東京都農林水産振興財団では、東京の農業後継者の花嫁対策としてのイベントを毎年開催している。

最近は、伺った農家のお宅で、同財団の企画で結ばれたという若奥さんに出会うことも多く、自信を持って農業を受け継いでいる若き農業者夫婦に会うと嬉しくなる。



1-1キャプチャ35.JPG

上のチラシをクリックする

今年も、7月20日( 締切7月8日)、東京都農林水産振興財団で、都内産の夏野菜をふんだんに使って、バーベキューパーテーを実施すると、同財団後継者支援係の辻元悠子さんから、チラシをいただいた。

あるようで少ない独身農業者の独身女性との出会。
また、農業も含め、素敵なパートナーとの出会いを求めている女性、また、お知り合いにそんな方がいらしたら、ご案内ください。




posted by 大竹道茂 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介