2013年06月17日

内藤とうがらし、早稲田ミョウガ、鳴子ウリ等、新宿区の歴史・文化を後世に伝える取り組みを確認。


先日、NPO法人おいしい水大使館・東京野菜STYLEの、成田重行先生から、新宿の区会議員で、新宿の伝統野菜を通して、まち興しを推進している根本二郎さんが、6月15日(土)午前10時より、新宿区役所屋上の菜園で、今期初めての作業が予定されているとの情報を教えてくれた。

その後、根本さんからもお誘いのメールをいただいたが、今年も、色々な企画から活気が伝わり頼もしい限りだ。




1-1014.jpg
 成田先生が、國井さんに内藤かぼちゃの苗をプレゼント。上の写真をクリックすると案内してくれた根本さんと歌舞伎町の一角にある新宿区役所。

新宿区役所の屋上は10数年前から緑化されていて、そんな一角に、菜園が造られていた。
この菜園、早稲田ミョウガの捜索でお世話になった、早稲田大学の堀口健治副総長(当時) が、「都会で猫の額程度の畑でも増やしていこう」という趣旨で、「NPO法人1u自然農園の会」の会が活用していたもので、

会員のひとり、國井孝昭さん(「NPO法人自然農あたい」代表理事)が、毎日のように菜園に足を運ん無農薬で栽培管理をしていると云う。
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報