2013年06月21日

府中市でのマクワ瓜栽培のルーツを探る。


1994年(平成6年)、府中市に真桑瓜の故郷、岐阜県真正町から、同町のまち興しの企画として、マクワ瓜のタネが送られてきた。19年も前の話しだ。

「元和三巳年(1617)の頃以降、江戸幕府は、美濃のマクワ瓜名人を毎年府中に呼び、御用瓜を栽培させた史料に習って、送られてきたもので、

それを受けて同市では、タネを市内の代表的な農家に配布して、栽培が始まっている。

1997年には、市が実施していた市民農業大学に「御前栽瓜コース」を設けて、市民参加による栽培もおこなわれた。

現在取り組んでいる、府中でのマクワ瓜栽培の復活は、当時の関係者にお会いして、アドバイスをいただくことも重要だと思って、何方が栽培していたのか探していたが、府中市の担当者は定年退職、真正町も同じだが、さらに町村合併で本巣市になるなど、古いことを知る人は少なかった。




1-1002.jpg

江戸東京野菜に注目して、1998年から2005年にかけて、雑誌「散歩の達人」に、新井由己さん(Photographer,Writer) が、「江戸野菜の産地を歩く」を、不定期で連載していた。

東京近郊で作られている昔ながらの野菜ということで埼玉や神奈川を含め、馬込半白節成胡瓜、奥多摩の山葵、練馬大根、のらぼう、まくわうり、馬込大太三寸人参、東京うど、あしたば、紅赤、小松菜、三浦大根、八丈島の島うり、世田谷のトマト(脚光&トロビック)、杓子菜、大蔵大根、下山千歳白菜、千住葱と、連載は17回にもわたっていて、構成・文・撮影を一人でこなしている。

新井さんは、当ブログでも紹介したが、引き続き江戸東京野菜を応援してくれている。

最近は、新刊! 『誰でも簡単にできる! 川口由一の自然農教室』(宝島社)を執筆している。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種