2013年07月04日

恩師の一言「ブルーベリーも果物なんだ」にこだわる、「ブルーベリー栽培発祥の地」の園主・島村速雄さんに話を聞く。



都政新聞の取材に合わせて、NPO法人ミュゼダグリの農家見学会で、小平市花小金井南町のブルーベリー栽培農家島村速雄さんの「島村ブルーベリー園」にお邪魔した。

島村ブルーベリー園と云っても、こちらの看板を見ていただきたい。
小平市にある由緒ある「ブルーベリー栽培発祥の地」の農園なのだ。



1-1キャプチャ456.JPG

上の写真をクリックする   
大国魂神社の参道の欅の孫だそうで、樹齢300年だそうだ。

そもそも、我が国の暖地に適応するラビットアイ ブルーベリーは、1962 年に農林水産省によって導入され、それを譲り受けた故・岩垣駛夫先生(元福島県園芸試験場長)が、1964 年3 月に東京農工大へ着任し、同大の果樹園で生産開発に関する研究を行ったのが始まりだ。

島村さんは、東京農工大学に入学した当時は花き栽培志望だったが、岩垣教授のもとで、ブルーベリーの栽培法を習得した。

卒業後の1968(昭和43)年、岩垣教授から「空いている畑があったら、植えてくれないか」と130本を依頼され、初めてブルーベリーを民間で栽培した農園「島村ブルーベリー園」の開設となる。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達