2013年07月05日

江戸東京野菜にご縁のある三河の豊橋から女性部の皆さんがお見えになった。


愛知県からお客様が見え、秋葉原の農協観光本社ビルの会議室でお会いした。

JA豊橋女性部(木田きよゑ会長)の役員さんたちで、同行された大野庄一JA豊橋の常務理事共々早朝の7時前にバスで出発し、昼過ぎに東京につかれた。
お疲れだったのではと思ったが、皆さんお元気で、役員研修として、一時間ほどの時間をいただいた。



1-1001.jpg

現役時代に、三大都市圏の農家と消費者が一体になって、都市に農地はいらないと云う国の政策に立ち向かった時代があり、中部圏にも何回か伺ったことがあった。

当時、1980年代の市街化区域内農地は、近畿圏の大阪では水田が7に対して、畑が3だったが、首都圏の東京では逆で、畑7に対して水田が3だった。
中部圏の愛知では、畑と水田のバランスが5対5の半々で、バランスのとれた地域だったのを記憶している。

今回は、伝統野菜を通して江戸と愛知とのご縁、土地の名前のついた伝統野菜を通して、地産地消の意識が、広がっていること等を、お話しした。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等