2013年07月11日

北区立稲付中学校で先々週についで実施されたサタデースクール


7月6日(土)、北区立稲付中学校(武田幸雄校長)で先々週についで実施されたサタデースクール(土曜公開授業) で、江戸東京野菜の話をしてきた。
始めに1年3組、次に4組と、ふたクラスの授業を受け持った。

今回は、佐藤綾子栄養教諭も、復帰されて授業をリードしていただいた。

これまで、給食の時間に佐藤先生が、暴れん坊将軍吉宗が小松菜の名前を付けた等、江戸東京野菜について色々とお話をされているようで・・・

「ウェビングマップ」の手法を用いて、生徒たちに江戸東京野菜について10分ほど書かせたが、考え込んでいる生徒には、思い出せるように、適切なヒントが伝えられたので、生徒たちは思い出して一生懸命書き込んでいた。




1-1013.jpg

私の話は、先々週と全く同じで、先月国賓として来日したフランス大統領のランチに、江戸東京野菜が料理されたと云う話から入り、その後も板橋の昔話などをして、江戸東京野菜の話へと・・・

時間通りに終わるはずだが、生徒の反応によっては、よそ道にそれたりするから、若干オーバーしたりもした。

生徒が書いたウェビングマップは、家に持ち帰って、家の人に感想を書いてもらうという。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組