2013年07月23日

東京農業をリードする井之口さんと永井さんがアイパッドデビュー


今年の春は、早稲田ミョウガのミョウガタケが話題になり、新聞取材やテレビ取材など、生産者の井之口喜實夫さんには、ずいぶん迷惑をかけてしまった。

度々、井之口さんのお宅にお邪魔していたある日、「大竹さんに書いてもらったブログも見やすくなったよ」と、アイパッドを見せてくれた。
アイパットを買ったというので、散財をかけてしまったので謝ってしまった。



1-1004.jpg


これまで、当ブログで、早稲田ミョウガについては報告してきたが、
掲載記事に間違いがあってはと、掲載した後、内容の確認をお願いしていて、井之口さんのお宅では、ご子息の勇喜夫さんのパソコンで、その都度チェックをしていただいていた。

度々の確認で、勇喜夫さんの勧めもあって、アイパッドの存在を知り、2人で家電量販店に行って買ってきたようだ。
すでに、当ブログのアドレスは登録されていて、ワンタッチで「江戸東京野菜通信」が現れた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達