2013年08月04日

第15回 すきや連例会は、お出かけで近江牛の故郷、彦根城下の千成亭で開催された。


フードジャーナリストの向笠千恵子先生から、お出掛け「すきや連」の第15回の例会のお話があり、事務局長で浅草「ちんや」のご主人住吉史彦氏からご案内が送られてきた。

第14回で、席が隣同士になった彦根市の千成亭・上田健一郎社長から、近江牛のお話を伺っていたので、お仲間に入れていただいた。



1-10047.1.jpg

生憎の雨だったが、昼過ぎに新幹線で米原についた。

上田社長は、例会前の時間を利用して、見学会を企画されていて、近江牛を飼育する中川牧場、地元の銘酒・金亀の岡村本家を案内していただいた。

会場は、夢京橋キャスルロードにあるせんなり亭「伽羅」、
彦根城の堀にかかる京橋から西に延びる通りが、「夢京橋キャッスルロード」で、白壁と紅殻に煤を混ぜた黒格子、いぶし瓦。

その一軒が「伽羅」で、景観に配慮し町並みに溶け込んでいる


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介