2013年08月11日

羽鳥冬子さんに紹介されて、石見銀山 「群言堂」の松場大吉会長にお会いした。


6月の初めに、アロマテラピーの教室を開いている羽鳥冬子さんからメールを戴いていた。

お母様と世界遺産石見銀山の「群言堂」(りげんどう)に行ってきたと云うもの。
7月末には、お仕事でバリ島にも出かけたようで、ご活躍で何よりだ。

そんなやり取りの中で、石見銀山「群言堂」の松場大吉会長が東京にみえるので、紹介したいという。

羽鳥さんは、江戸東京野菜の普及には何かと応援をしていただいていて、今回の件も、石見銀山の築230年の武家屋敷「他郷阿部家」で、松葉大吉会長と夕食を一緒した際に、江戸東京野菜の話をしてくれたそうで、松場会長が江戸の伝統野菜に興味を持ってくれたと云うもの。

ありがたい話した。

4月にも、羽鳥さんにお気遣いいただいていて、当ブログで紹介している。



1-1キャプチャeu.JPG

上の写真をクリツクする
何でも、JR中央線西荻窪駅から2分の所には支店があって、そこでは、羽鳥さんが2度、和の香りのセミナーを開催しているという。

松場会長は衣料品がご専門と伺ったが、(株)石見銀山生活文化研究所を25年前に立ち上げ、ユネスコの世界遺産登録以前から、地域興しに取り組まれていたようで、現在は東奔西走、講演に行かれているという。

また、in shop等、札幌から熊本まで全国に20数店を出店し、西荻の「 Re:gendo」(倉橋美香子店長)は、kurashiをコンセプトにしているが、こだわりのお料理も、田中哲司料理長が調理している。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話