2013年08月16日

「あっぱれカフェ」の講師をお願いしている森田さんからメールが届いた。


世田谷区上馬で青果業を営む森田哲也さん(江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座修了者) からメールに添付した「寺島なす」の写真が届いた。

NPO法人ミュゼダグリが開催している「あっぱれカフェ」は、10月26日(土)の講師に森田さんを予定しているが、「八百屋さんの目線で見た江戸東京野菜」がテーマ。

これまで、森田さんには、漬物の写真を送ってもらったのを、当プラグで紹介している。

プロが教える「漬け方」や、試食などもあるかと思うが、会場は、新宿駅南口近くの「東京アグリパーク」で開催する予定だ。




1-1寺島.jpg

森田さんは、先日、小金井で「あっぱれカフェ」の打ち合わせの後、西東京の矢ケ崎宏行さんのお宅に寄って、寺島なすを買ってきたと云う。

上の写真をクリックする
寺島なすの「炭火焼は皮に少し穴をあけ炭火でじっくりと焼いたシンプルなもの。
じっくり焼くことで身が柔らかくとても濃厚な味わいに、生姜醤油で頂きました。


江戸ッ子は、焼きナスが好きだったようだ、熱いナスの皮をむくには、何度も水で指先を冷やしながらむいていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動