2013年08月18日

伝統野菜は長老に聞け ! 、大蔵大根と下山千歳白菜の名勝登録に尽力した植松先生の話に感動。


「伝統野菜は長老に聞け ! 」と、当ブログで案内したのは一週間前だったが、30数名の方が新宿のアグリパークに来てくれた。

計画は、だいぶ前に植松敬先生にお話ししていて、大蔵大根と下山千歳白菜に関してお話しいただくために、関連の写真を探し出してもらっていた。

写真をいただきに、豪徳寺のお宅に伺ったのが12日だった。
お願いしていた写真の順番を整理して、パワーポイントに整理するためだ。




1-1004.jpg

植松先生は、数日前の14日に90歳の誕生日を迎えていた。

上の写真をクリックする
前日も、預かった写真が順番通り整理できたか心配されて、電話をいただいたが、下山千歳白菜と大蔵大根に分けて、お話ししやすいように整理しましたと、お伝えしたら安心されたようだった。

伝統野菜に取り組む各県とも同じだが、時間との闘いなのだ。

詳しく知る方々が、ご健在なうちに色々と聞いておかねばならないことが沢山ある。
東京では、平成4年にJA東京中央会が「江戸東京ゆかりの野菜と花」(農文協)を発刊した時に、当時ご健在だった方々に集まっていただいて執筆していただいたが(植松先生にもお願いしている。) 早めの対応が、今、江戸東京野菜の復活や保全に生かされている。

植松先生には一昨年、都立園芸高校にも行ってもらって、生徒たちにお話しいただいている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業