2013年08月26日

「あっぱれ野菜! STUDY & CAFÉ」13回は、真夏のハ―ブの楽しみ方でした。


東京で生産されている野菜を新しい視点で紹介する講座、「あっぱれ野菜! STUDY & CAFÉ」13回は、「野菜ソムリエの野菜塾編」の2回目、今回は「真夏のハ―ブの楽しみ方」。

「STUDY」の講師は、西東京市で意欲的にハーブづくりを行っている新倉ファームの新倉大次郎さん。
新倉ファームには、NPOミュゼダグリの農家見学会でお邪魔している。

そして「CAFÉ」は、「野菜をもっと楽しくおいしく」をモットーに活動している、野菜ソムリエの上原恭子さん( クッキングインストラクター)。
 



1-1003.jpg

参加者20名ほどでしたが5班に別れて実際にワークショップスタイルで実施。

上の写真をクリックする
真夏のハーブの楽しみ方について新倉さんが用意し、解説したハーブは

レモングラス、レモンバーム、スペアミント、セージ、
ペパーミント、ローズマリー、イタリアンパセリ、タラゴン、オレガノ。


ハーブを何種類か重ねていくことで、香りや味わいが変化する。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動