2013年09月11日

JA東京みどりの「江戸東京野菜の意見交換会」で、生産品目拡大が決定される。


JA東京みどり江戸東京野菜意見交換会が、9月6日、生産者の皆さんが出席しやすい19時から、開催された。
江戸東京野菜の意見交換会は、毎年、生産者を集めて開催されている。

同JAが、江戸東京野菜の栽培に取り組み始めたのは、2007年からで、収穫し販売を始めたのは、その年の暮れからだ。

これは当時課長だった、原省三部長代理が高橋信茂組合長の意図を汲み、人選して始まったもの。




1-0キャプチャer.JPG


今年、5月17日(金)プレオープン、そして23日(木)「ファマーズセンター みのーれ立川」(042-538-7227)は、グランド オープンした。

JA東京みどりでは、立川市、昭島市、国立市、東大和市、武蔵村山市の生産者が持ち寄った新鮮野菜などを販売している。

開催にあたって、挨拶に立った吉澤一三専務が、皆さんへ お願いがあるとして・・・・・

「みのーれ 立川」の販売農産物をさらに充実していくために、江戸東京野菜生産者に、販売品目の充実と、安定供給をお願いした。

また、JAでは、目玉商品として金町こかぶによる、新たな商品開発を行っていて、増産についても依頼していた。

上の写真をクリックすると拡大
右から順不同、みのーれ立川運営委員長の金子波留之さん、
江戸東京野菜生産グループ会長・清水理作さん、
同JA吉澤専務理事、清水繁雄さん、

下段右から、JAの豊泉地域振興部長、栗原一男さん、清水丈雄さん、
原 部長代理


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 立川市での取り組み

2013年09月10日

東京杉並ロータリークラブの例会で卓話として、江戸東京野菜を語る


7月に、中野サンプラザで講演をしたときの懇親会で、席が隣同士になった杉並の高橋延治さんと、練馬の榎本和夫さんから、2人が会員の「東京杉並ロータリークラブ」例会で、卓話をしてくれないかとの依頼があった。

ロータリーからのご指名は、4月に東京武蔵野RCからあり、吉祥寺のホテルで卓話を行ったことは、当ブログで報告したが、様子はわかっていたのでお受けした。



1-1005.jpg

会場は、西新宿の超高層ビルが立ち並ぶ一角にある「ヒルトン東京」。

西武線で西武新宿まで行き、歩いて青梅街道の鳴子坂側からホテルに向かった。

今年は、近くの新宿区立柏木小学校で鳴子ウリの復活栽培を行っている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2013年09月09日

「TOKYO 2020」!!、 2020年の東京オリンピックが決定した。そして、江戸東京野菜も・・・


フレンチの巨匠 三國清三さんから、8日に使いたいが、江戸東京野菜は、今何がありますか ! と、お尋ねがあった。
伝統小松菜、雑司ヶ谷なす、東京大越ウリ、渡辺早生ゴボウ、寺島なす、早稲田みょうが、奥多摩ワサビ、東京うど、その他には地場産野菜として、内藤トウガラシ、八王子ショウガ、パプリカ、カボチャ、カブ、ハーブなど色々あると・・・。

何のことかと、伺ったら、「TOKYO 2020」が決定したら、と口止めされて、私もハラハラ、ドキドキしながら、決定を待ったが・・・・・、決定した !!。

9日フジテレビのスーパーニュース、18時30分頃から放送




P9050475.3.jpg

今、撮影が終わったと、フジテレビの担当から電話があったが、
三國清三シェフが、江戸東京野菜等、東京の地場野菜を使った、お料理を作り、東京農業を紹介してくれると云う。

東京の「お・も・て・な・し」の一つが、江戸東京野菜等、東京の地場野菜が担うわけだ。

三國シェフは、6月6日に、フランスの大統領が国賓として、日本を訪れた時に、安倍晋三首相の要請を受けて、「江戸東京野菜添え」を出したことは、当ブログで紹介した。

今回の番組でも、「選手村で出すとしたらどんな料理 !」と云うもの。
1964年の選手村の総料理長を務めた村上信夫シェフ(帝国ホテル)は、三國シェフの師匠でその実力を見出した人。
三國シェフは、沖縄サミット総料理長も務めたと云うことで、依頼されたもの。

三國シェフは、生の寺島ナスをかじりながら、「東京産は、産地が近いから、香りも水分も保たれ、栄養価も高く、7年後の、お・も・て・な・しは江戸東京野菜ですよ 」と語った。

そしてカメラは三鷹へ、江戸東京野菜「寺島ナス」栽培の第一人者・星野直治さんが、「周りが住宅で農薬散布も少なくする努力をしていて、東京の野菜は、最高じゃない! 」

メインは、疲労回復効果がある「TOKYO X」をロースト。白みそ漬け、色々野菜添え、木の芽の香りソース。

「外国人の選手は、みんな日本食を楽しみにしているはずなんです。
日本風の味噌漬け、木の芽をアレンジに使用した」と語った。


オリンピックとなると、選手村だけにとどまらないわけで、2020年までの、江戸東京野菜を含めた農業振興計画を行政やJAも真剣に考えてもらいたいものだ。




posted by 大竹道茂 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年09月08日

9月8日(日)夜10時「ソロモン流」(東京テレビ)は、料理研究家の林幸子先生も登場。


9月8日(日)夜10時「ソロモン流」(東京テレビ)は、夏バテ解消! 万能調味料スペシャルで、料理研究家の林幸子先生も登場する、撮影は8月ほぼ1ヶ月にわたってなされた。



ソロモン流.JPG

番組では、タカコナカムラ氏のべジブロス、林幸子先生の水切り塩ヨーグルト、村上祥子氏のたまねぎ氷と、3人の賢人が紹介された。上の写真をクリックする

江戸ソバリエ・レディースセミナー」で、林先生が江戸東京野菜を使ってそば料理を創作し、また、足立の生産者宅に出掛けて、江戸東京野菜を収穫することも、取材したが、

賢人1人15分では、殆どカット。
よくあることだが、「水切り塩ヨーグルト」についてはよくわかった。。

posted by 大竹道茂 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

西荻窪のRe:gendo –りげんどう- が、江戸東京野菜を初め地場産野菜を使ってくれた。


8月に、ライフスタイルコーディネーターの羽鳥冬子さんに紹介していただいた、西荻窪のRe:gendo –りげんどう- に、時間を見つけて立ち寄った。

石見銀山「群言堂」の松場大吉会長にお会いしたことは、当ブログで紹介したが、
羽鳥さんが、東京の伝統野菜について話していただいたことで、島根県産の食材と、東京の地場野菜等のコラボレートによるお料理を、9月から出したいと、松葉会長から協力を求められていた。




1-1002.jpg

田中哲司料理長には、江戸東京野菜の仕入れについてアドバイスをしてきた。

羽鳥さんからもメールをいただいていて、心配されていたので、一度行かねばと思っていたが、時間の都合が付いたので立ち寄った。

13時過ぎに行くからと、店長に予約を入れていたのが良かった。
店は、女性客で一杯だったが、田中料理長が厨房から出て来てくれた。

丁度、松場大吉会長の奥様がお見えで、紹介したいと云うのでご挨拶をさせていただいた。
奥様は、石見銀山生活文化研究所の所長で、石見銀山の「暮らす宿 他郷阿部家 竃婆 松葉登美」の名刺をいただいた。

講演などで、お忙しい日々を送っていらっしゃるようで、東京でお会いできたのもご縁だろう。

そんなところへ、注文した「一汁一穀三菜膳」が運ばれてきた。
実は「野菜寿司膳」も食べたかったが、来るのが遅かった、すでに売り切れていた。

今度は、12時前に食べに来よう。

続きを読む

2013年09月07日

八王子しょうがが栽培されている、八王子市小比企町の丘に久しぶりに


先日、「とうきょう元気農場生産組合」の暑気払いの席で、隣に座った八王子市小比企町の中西真一さんから、うちのおやじがキッチンが走るに出て、在来のしょうがを紹介したと云う話を聞いていたので、今度畑に伺いますと云って別れた。

数日後、江戸東京野菜の八王子市担当の福島秀史さんと京王線北野駅のロータリーで待ち合わせて出かけた。

中西さんの畑は、福島さんが調べてくれて、車で先導してくれた。

車は、北野街道を西の方に行くので、昔来たと思っていたら、小比企町の交差点まで来て思い出した。
東京都農林水産振興財団に勤めていた時に、丘の上の市民農園を見に来たことが何回かあった。



1-1004.jpg


中西真一さんは、7日の八王子市永福稲荷神社例祭の「生姜まつり」と、8日、9日のあきる野市二宮神社の「生姜祭り」用の荷づくりに忙しい様子だったが、生姜畑に案内してくれた。

上の写真をクリックする
小比企町の交差点から登り坂の行き着いたところに、中西さんのお宅があったが、ここからは見晴らしがいい。
遠くゴルフ場のネットが見えるがあの手前が、磯沼正徳さんの「磯沼ミルクファーム」だ。

写真の左端が、京王線のめじろ台駅方面だそうだ。
東京にこんな自然が豊かなところがあったのかと思うところだ。伸び伸びする。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種

2013年09月06日

ほしひかるさんの「お蕎麦の レッスン」高陵社書店より、9月9日発売。


 高陵社書店の高橋信夫社長から、「ほしひかるさんのお蕎麦の本「お蕎麦レッスン」が出来上がりました」とご恵贈いただいた。

江戸蕎麦には、江戸東京野菜と云って、ほし先生にはご理解をいただいていて、末節に付け加えていただいた。




img391.jpg




上の写真をクリツクする

「第一章 たべる」は、ほしひかるのとっておきの名店として老舗が5店。
           お蕎麦の綺麗な食べ方が、写真入りで解説。
                  
「第二章 しゃべる」は、女性ソバリエの対談

そして、「第三章 つくる」で、「お蕎麦と江戸野菜のレシピ」の頁も少しある。

これまで、林幸子先生の南青山アトリエグーで江戸東京野菜の創作料理が作られたが「江戸東京・伝統野菜研究会」も、協力させていただいたものだ。

価格は1260円、ページ数は110ページ
posted by 大竹道茂 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2013年09月05日

早稲田ミョウガ、今年の厳しい天候異変の中でも、井之口さんの栽培技術が優った。


先日、ご無沙汰しっぱなしだったので、早稲田ミョウガの栽培にお骨折りをいただいている、井之口喜實夫さんのお宅に寄った。

ようやく秋冬産キャベツの定植が終わったところと話しておられたが、この日も暑い日で、定植されたキャベツ苗も雨が欲しそうな様子だった。





0-1001.jpg


玄関に、可憐な鷺草が咲いていたので、写真を何枚も撮っていたが、その後ろにミョウガがプランターに植わっているのに気が付かなかった。

上の写真をクリックする
井之口さんに、ミョウガの様子を伺っていたら、今、プランターに植えたのをここに持ってきて、日照時間等の実験をしているところだという。

井之口さんは、ミョウガ栽培でも長年の経験や知識をお持ちだが、早稲田ミョウガの特徴である、赤みを美しく発生させることの研究には余念がない。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2013年09月04日

「八王子南国気分」のパッションフルーツ、「道の駅・八王子滝山」で販売中。


先日、濱中俊夫さんから小包が届いた。
濱中さんは、栽培歴6年の、JA八王子「パッションフルーツ生産組合」の副組合長だ。

新しい、土産用ケース(8〜12個用)が出来上がったというので送ってくれたもの。

今年は、8月24日、「道の駅・八王子滝山」での試食販売に合わせて、パッションフルーツ「八王子南国気分」の華やかな土産用ケースが完成したことから、

試食会では、サイダーや、ヨーグルトに入れたりで、八王子パッションの香りの良さと、甘さと酸っぱさのバランスが良く、栄養価が高いことなどを確認、お客様は土産用ケースに入った八王子パッション(2000円前後)を買い求めたようだ。




1-1キャプチャ34.JPG


JA八王子「パッションフルーツ生産組合」では、公式ホームページを立ち上げた。

上の写真をクリックする

可愛らしい、オリジナルキャラクター「ふるーみん」も誕生させた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2013年09月03日

絵本塾出版「絵図解 やさい応援団シリーズ」の「まるごと だいこん」が刊行される。


昨年の12月に、「絵図解 やさい応援団シリーズ」で「まるごとキャベツ」が絵本塾出版から刊行されたことは、当ブログで紹介した。

このほど、二冊目の「まるごと だいこん」が刊行され、送られてきた。

今や大根の絵を子どもたちに書かせると、青首大根を描く。
青首大根が大根市場を席巻したことから、今回の主人公は、伝統の青首大根・尾張の宮重大根からその名を取った宮重総太君だ。




img394.jpg


上の表紙をクリツクすると絵本塾出版にリンクする


「宮重さんがやって来た・・・」
「だいこんパーティ・・・」
「仲間が多いのなぜ ?・・・」

「東北の大根はえらい・・・」
「ご飯にはたくあん漬け・・・」
京橋大根河岸会会長の石川勲会長(東京シティ青果会長)の所にも伺った。


「だいこんと年中行事・・・ だいこんは特別な食べものだったんだ。」
いろどり豊富な「外国の大根・・・」
「だいこんの底力・・・」

この本には「かぶ、にんじん、ごぼう」も見開きで紹介している。
「だいこん畑を案内しよう・・・」
「来年も育てるために・・・」では、練馬大根の話が掲載されている。

「おいしく食べるための知恵・・・」
「みんなで晩ご飯・・・」
「丸ごと食べよう・・・」では、レシピも掲載されている。


この「まるごと だいこん」も、目から鱗の記事が満載。

次回は 「まるごと トマト」。

posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2013年09月02日

八王子市の学校給食に、同市ひよどり山 元気農場の大根1,300本が料理される。


八王子市のひよどり山で江戸東京野菜を栽培するという話を、東京X生産組合の澤井保人組合長に5月に伺ったが、その後、どうなったかと8月の中ごろ、澤井組合長に電話をしたら、すでに播種したようだという。

タネは、紹介するつもりでいたが、聞いてみると、作りやすいF1種の「大蔵大根」だという。

F1種は、東京農業の主力だし、地場産の大根として評価も高いが、伝統野菜ではないことを伝えると、
近いうちに、係わる生産者が集まるから、江戸東京野菜のアドバイスが欲しいというので、八王子担当の福島秀史さんと一緒に、出掛けた。




1-0キャプチャrt.JPG

八王子市のひよどり山にある元気農場で栽培するグループ「とうきょう元気農場生産組合」の皆さんが、暑気払いをする集まりだ。

飲む前に話すことになったが、司会から飲む時間が無くなるから簡単に、簡単にと、何度も言い含められて・・・・、
大切な話だから、簡単な資料を福島さんに印刷してきてもらったのが良かった。

上の写真をクリックすると拡大。
左から、澤井さんは、7〜8年ほど前に、東京都の農業後継者のトップとして活躍していたから、良く知っていて、今回の情報も教えてくれた。

写真上段の左、平隆さんは、椎茸農家で、3.11以降、福島原発の影響で、原木栽培が難しくなり、今回大蔵大根の栽培を担当すると云う。

上段右、中西伸夫さんは、昭和60年代八王子の農業後継者のリーダーで、一緒に仕事をしたが、濱中彰さんのお祝の時にお会いしている
今回、大蔵大根は、同生産組合の中でも平さんと二人で栽培を担当する。

右端、協同組合 関東給食会の長島秀和理事。
昨年「とうきょう元気農場生産組合」では、給食用に小麦を栽培していたようだが、長島理事は、野菜を作るんなら売りやすい「江戸東京野菜」を作ったらとアドバイスをしてくれたようだ。

下段右、中西真一さんは、同市小比企町で2ヘクタールの野菜栽培農家で、ダイコンでは平成22年の東京都農業祭で農林水産大臣賞を受賞している。

下段左は、江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会役員の福島秀史さん、八王子の普及担当。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種

2013年09月01日

江戸東京野菜の復活・普及の経過をバックナンバーとして掲載。


そもそも、フードボイスにブログを書き始めたのは、2008年8月だった。
「インターネット・ジャーナル」の新田真一社長が、東京の農業について動画配信してくれたり、講演の機会を与えてくれたり、何かとお世話になっていたことは、当ブログで紹介している。

当時は、フードボイスには、東京の農業関連のニュース記事を掲載していたが、社長からは同社の著名人ブログへの掲載を依頼された。 しかし、当時は、今一つ乗り気がしなかった。

その後、インターネットの力を知り、江戸東京野菜を広く知らしめていくには、同社「フードボイス」を活用させていただこうと、2008年の、8月号から、つれづれなるままに月1回、江戸東京野菜の連載が始まった。

江戸東京野菜を、短期間で多くの方々に知っていただくには、重要なツールだったことを実感している。



キャプチャwrrt.JPG

上の写真をクリックする。
フードボイスのブログは、原稿を書いて、同社に送ると云うもので、当時は原稿修正は業者を介在しないとできない状況であった。

1年を経過したころ、江戸東京野菜への反応が多くなって、情報がたくさん集まってくるまでになったので、フードボイスとは別に、自由がきくブログを模索していた。

企業のコマーシャルが入らないで、色々遊びのできるブログを選び、デザイナーの進藤一茂氏に指導してもらいながら、2010年3月20日から「江戸東京野菜通信」の連載が始まった。

しかし、プードボイスのブログを見たからと、メールや電話でのお問い合わせも多い。

今年に入ってから、当ブログで「江戸東京・伝統野菜野菜研究会の歩み」を、当ブログ内に書き留めておこうと、2007年1月からの取り組みを、暇を見つけて挿入し始め「フードボイス・バックナンバー」のカテゴリーにまとめることにした。

そんなことで、1月に古い動画も復活してもらったことは、当ブログで紹介している。


posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報