2013年09月02日

八王子市の学校給食に、同市ひよどり山 元気農場の大根1,300本が料理される。


八王子市のひよどり山で江戸東京野菜を栽培するという話を、東京X生産組合の澤井保人組合長に5月に伺ったが、その後、どうなったかと8月の中ごろ、澤井組合長に電話をしたら、すでに播種したようだという。

タネは、紹介するつもりでいたが、聞いてみると、作りやすいF1種の「大蔵大根」だという。

F1種は、東京農業の主力だし、地場産の大根として評価も高いが、伝統野菜ではないことを伝えると、
近いうちに、係わる生産者が集まるから、江戸東京野菜のアドバイスが欲しいというので、八王子担当の福島秀史さんと一緒に、出掛けた。




1-0キャプチャrt.JPG

八王子市のひよどり山にある元気農場で栽培するグループ「とうきょう元気農場生産組合」の皆さんが、暑気払いをする集まりだ。

飲む前に話すことになったが、司会から飲む時間が無くなるから簡単に、簡単にと、何度も言い含められて・・・・、
大切な話だから、簡単な資料を福島さんに印刷してきてもらったのが良かった。

上の写真をクリックすると拡大。
左から、澤井さんは、7〜8年ほど前に、東京都の農業後継者のトップとして活躍していたから、良く知っていて、今回の情報も教えてくれた。

写真上段の左、平隆さんは、椎茸農家で、3.11以降、福島原発の影響で、原木栽培が難しくなり、今回大蔵大根の栽培を担当すると云う。

上段右、中西伸夫さんは、昭和60年代八王子の農業後継者のリーダーで、一緒に仕事をしたが、濱中彰さんのお祝の時にお会いしている
今回、大蔵大根は、同生産組合の中でも平さんと二人で栽培を担当する。

右端、協同組合 関東給食会の長島秀和理事。
昨年「とうきょう元気農場生産組合」では、給食用に小麦を栽培していたようだが、長島理事は、野菜を作るんなら売りやすい「江戸東京野菜」を作ったらとアドバイスをしてくれたようだ。

下段右、中西真一さんは、同市小比企町で2ヘクタールの野菜栽培農家で、ダイコンでは平成22年の東京都農業祭で農林水産大臣賞を受賞している。

下段左は、江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会役員の福島秀史さん、八王子の普及担当。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種