2013年09月08日

9月8日(日)夜10時「ソロモン流」(東京テレビ)は、料理研究家の林幸子先生も登場。


9月8日(日)夜10時「ソロモン流」(東京テレビ)は、夏バテ解消! 万能調味料スペシャルで、料理研究家の林幸子先生も登場する、撮影は8月ほぼ1ヶ月にわたってなされた。



ソロモン流.JPG

番組では、タカコナカムラ氏のべジブロス、林幸子先生の水切り塩ヨーグルト、村上祥子氏のたまねぎ氷と、3人の賢人が紹介された。上の写真をクリックする

江戸ソバリエ・レディースセミナー」で、林先生が江戸東京野菜を使ってそば料理を創作し、また、足立の生産者宅に出掛けて、江戸東京野菜を収穫することも、取材したが、

賢人1人15分では、殆どカット。
よくあることだが、「水切り塩ヨーグルト」についてはよくわかった。。

posted by 大竹道茂 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

西荻窪のRe:gendo –りげんどう- が、江戸東京野菜を初め地場産野菜を使ってくれた。


8月に、ライフスタイルコーディネーターの羽鳥冬子さんに紹介していただいた、西荻窪のRe:gendo –りげんどう- に、時間を見つけて立ち寄った。

石見銀山「群言堂」の松場大吉会長にお会いしたことは、当ブログで紹介したが、
羽鳥さんが、東京の伝統野菜について話していただいたことで、島根県産の食材と、東京の地場野菜等のコラボレートによるお料理を、9月から出したいと、松葉会長から協力を求められていた。




1-1002.jpg

田中哲司料理長には、江戸東京野菜の仕入れについてアドバイスをしてきた。

羽鳥さんからもメールをいただいていて、心配されていたので、一度行かねばと思っていたが、時間の都合が付いたので立ち寄った。

13時過ぎに行くからと、店長に予約を入れていたのが良かった。
店は、女性客で一杯だったが、田中料理長が厨房から出て来てくれた。

丁度、松場大吉会長の奥様がお見えで、紹介したいと云うのでご挨拶をさせていただいた。
奥様は、石見銀山生活文化研究所の所長で、石見銀山の「暮らす宿 他郷阿部家 竃婆 松葉登美」の名刺をいただいた。

講演などで、お忙しい日々を送っていらっしゃるようで、東京でお会いできたのもご縁だろう。

そんなところへ、注文した「一汁一穀三菜膳」が運ばれてきた。
実は「野菜寿司膳」も食べたかったが、来るのが遅かった、すでに売り切れていた。

今度は、12時前に食べに来よう。

続きを読む