2013年09月20日

「江戸東京野菜」新たに4品目が決定され、34品目となる。


JA東京中央会では、18日、江戸東京野菜推進委員会を、JA東京南新宿ビルに於いて開催した。

今回、江戸東京野菜品目登録について、定義に則って慎重審査を行った結果、新たに4品目を決定した。
 
江戸東京野菜はこれまで、30品目だったが、新たに決定した、内藤トウガラシ、鳴子ウリ・府中御用ウリ、三河島エダマメで、34品目となった。

注、黄金(こがね)のマクワウリは銀マクワでありながら黄金はそぐわないとして、小金井マクワに名称が変更された。





1-1001.jpg


内藤トウガラシ


品種特性
 実が房のように集まって付き、上を向いて実る。葉の上に実るため、実が熟し霜が降りると畑一面が真っ赤に染まる

産地の歴史風土
内藤家の菜園(後の新宿御苑)から広がった野菜の一つで、文化7年(1810)から文政8年(1825)にかけて幕府が編纂した「新編武蔵風土記稿」において、「世に内藤蕃椒(とうがらし)と呼べり」と紹介され 近隣の畑一面を真っ赤に染める光景は壮観だったといわれる。また江戸の食に欠かせない香辛料として、七色唐辛子などで広く親しまれてきた。

唐辛子売りの口上に、「入れますのは、江戸は内藤新宿八つ房が焼き唐辛子」ともうたわれていることでもその普及ぶりが想像される。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報