2013年10月31日

戸板女子短期大学校の創立111年を記念して江戸東京野菜を使った太巻き11.1bを完成させた。


押上「よしかつ」の佐藤勝彦さんから、27日に、三田の戸板女子短期大学校舎内で、江戸東京野菜で太巻きをつくるという話を聞いた。
何でも、同校は今年、創立111年の記念の年だそうで、江戸東京野菜を具にした11.1mの太巻きを作ると云うもの。

「よしかつ」のある墨田区役所では、保健課の職員や栄養士さんに戸板女子のOGが多く。
江戸東京野菜に注目してくれていて、昨年から頼まれて佐藤さんが江戸東京野菜を同校に届けているという。



1-1002.jpg


当初、土曜日の26日に「江戸東京野菜の太巻き」を作るというので、取材に行くつもりでいたが、台風の接近で27日に変更になった。
こうなると、NHKの取材も予定されていたので、ミュゼダグリの納所二郎会長にお願いして、行ってもらった。
スマホで撮影た、写真が何枚も送られてきた。

上の写真をクリックすると
Vサインの食物栄養科2年生副会長の美谷真紀さんがリーダー。

佐藤さんは、滝野川ゴボウ、亀戸ダイコン、馬込三寸ニンジン、そして江戸前の海苔を届けたというので、江戸東京野菜に間違いないようだが、

学生が持つ案内板には「江戸東京野菜」の文字がひとつもなかったと、納所さんは残念がっていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2013年10月30日

31日、NHK総合『ゆうどきネットワーク』全国ネットで江戸東京野菜が紹介される。


10月の中旬、NHK総合『ゆうどきネットワーク』の番組制作をしているディレクターのグェンティ ホンハウさんからメールをもらった。
江戸東京野菜について、最近知ったらしいが、当ブログなども見てくれて興味を持ったらしく、一度話を聞きたいから時間をとってくれと云うので、昭島まで来てもらった。

江戸東京野菜については、ブログの興味ある記事をコピーしていたり、「江戸東京野菜(物語篇)」、「江戸東京ゆかりの野菜と花」も持っていて、短期集中で情報を詰め込んだようで、色々とご存じだった。
今月31日12分の放送が決まったというので、遅くとも28日には撮影を終えたいという。




1-1ゆうどきネット.jpg

畑で、木村さんに質問するハウさん。上の写真をクリックする

何人か、江戸東京野菜の関係者を紹介したり、イベントも紹介したが、結局、江戸川で亀戸大根を栽培している木村重佳さんと、よしかつの佐藤勝彦さん、三國清三シェフの所にも飛んでいったようだった。

木村さんとは、2009年にバスツアーを実施した時に、江戸川分場の近くで亀戸大根を栽培している木村さんの圃場に立ち寄ったことが最初で、その後、情報をやり取りしていて、当ブログでも度々紹介している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2013年10月29日

今年も地元拝島第二小学校で昭島市の農業についてお話しした。


2011年に地元の拝島第二小学校の杉本幸司先生から、3年生が農業・農家の勉強をするので、昭島の農業について話してほしいと依頼されたが、今年で3年になる。
杉本先生は5年生の担任になられて、今年から再び孫娘がお世話になっている。

7月に杉本先生から電話をいただいた、今年も3年生の授業をお願いしたいと云うもので、昨年のように「まとめ」として話してほしいということだった。



1-1010.jpg

今年の3年1組 34人、担任は、学年主任の真野優也先生、3年2組34人で担任は鈴木博子先生、生徒たちは家庭科室に集まった。

真野先生が紹介をしてくれた後、「お話を良く聞いて、わかったことがことは、必ず20位上ノートに書くように! 」と話したこともあって、生徒達は盛んにメモを取っていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2013年10月28日

三國シェフがフランスの大学の名誉博士号を受章することが決定した。



昨晩20時に赤坂エクセルホテル東急をバスで出発して、今日28日は、三國清三シェフが実施している「子どもたちに笑顔を! プロジェクト」に加わって、岩手の陸前高田市立小友小学校に来ています。

こちらでの様子は、後日報告しますが、今日は、このほど、「三國シェフがフランスの大学の名誉博士号を受章することが決定した」との情報をお伝えします。




0007.jpg

詳細は、上の写真をクリックするとソシエテミクニにリンクする。




尚、三國シェフは、31日に放送される「NHKゆうどきネットワーク(全国ネット)」で、江戸東京野菜について語ってくれる。 放送は17時35分以降となる予定。


posted by 大竹道茂 at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年10月27日

収穫の秋を迎え、東京の各地で農業祭りが行われる。


大島では台風26号により多くの方々が亡くなり、ご冥福をお祈りいたします。
台風27号の接近についても心配していたが、上陸はなかったのでホッとしたところだ。

収穫の秋を迎え、東京の各地で農業祭りが行われる。

台風が来るというので、中止になったイベントもあるようだが、
各地では、収穫を祝う祭が行われ、中では品評会が実施されて農産物の各賞が決まる。
 この時期の台風は経験していないが、この時期の被害は秋野菜に大きな影響を与える。

東京の秋、たくさんの食材が東京にあることを実感していただけるでしょう。



キャプチャe.JPG

上の表をクリックするとリンクする


毎年、東京都内で開催される農業祭などのイベントを紹介しているが、遅ればせながら「大竹道茂の江戸東京野菜ネット」に掲載した。


posted by 大竹道茂 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2013年10月26日

第64回 日本学校農業クラブ全国大会、クラブ員代表者会議で江戸東京野菜を語る


第64回 日本学校農業クラブ全国大会は、平成25年度 首都圏大会として22日から24日まで首都圏各県を会場に行われた。
中でも、各県から参加されたクラブ員の代表者会議は、東京都立農芸高等学校で開催され、同校と分科会運営の関東ブロック9校が、充実した会議となるようと準備してきたもの。

首都圏大会の大会スローガンは
 「心は一つ 農クの絆 首都圏大会」
 「関東平野から広がる 新しい農クの息吹」
だ。




1-1011.jpg

23日は、10時から分科会が行われたようだが、13時30分からの審査の時間を利用して企画された講演会の講師を依頼されたことは当ブログで紹介した。


次代を担う高校生達に伝えたいと、テーマは「次世代に伝えたい江戸東京野菜」として受け持たせていただいた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2013年10月25日

第7回 練馬大根引っこ抜き競技大会、出場選手募集始まる。


練馬区とJA東京あおばが主催する、練馬大根引っこ抜き競技大会は、今年で7年目を迎えるが、12月1日9時半より、小雨決行で行われる。

この大会、2007年から始まるが、当時の模様は当ブログで紹介していて、色々な思い出が残っている。

また、当時の動画も当ブログのトップページ右の「動画」から見ることができる。

江戸東京野菜の練馬大根は徳川綱吉の時代から伝えられている伝統野菜。
練馬大根を知るには、一番わかりやすい大会だ。

しかも、大会で引き抜かれた大根は、歴史を伝える野菜として、練馬区立の全小中学校等の給食食材として利用される。そのお手伝いを皆さんにしてもらう大会だ。

勿論、競技参加者は参加賞として引き抜いた練馬大根がもらえる。

尚、今年の大会会場は、練馬区北町だそうだが、詳細は申し込んだ方のみに知らせる。





1-1キャプチslャ.JPG


申込書類は、ここをクリックして申し込みください。

お問い合せ先】
JA東京あおば 大根抜き大会係 
大根抜き大会係
(地域振興部)

TEL:03−5910−3066
FAX:03−3995−5535

受付時間:祝日を除く平日
(月〜金) 9:00〜17:00
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2013年10月24日

第6回 ミクニレッスンが都市大学付属小学校の屋上菜園で開催される。


東京都市大学付属小学校(重永睦夫校長)で開催している2013年度のミクニレッスンは、7月に「東京の野菜」について話したことは、当ブログで紹介した。

今年は、屋上菜園で栽培実習ができるように準備をしてきた。
今回のテーマは「秋の種まき、調理実習でつかう野菜を育てよう!」だ。
12月2日の調理実習で使う、サラダの材料とする野菜を栽培するため、種まきの授業が予定されていた。




1-1003.jpg

ミクニレツスンをプロデュースしている松木直也さんの司会進行で始まった。

12月2日のミクニレッスンの授業で、みんな一緒にお料理をつくります。メニューはみんなの大好きなハンバーグ、それからフレッシュサラダです。いいですか!そこで、今日の種まきで育てた野菜はそのときにサラダでつかう野菜の種まきをします。

みんなで育てて、美味しいサラダをつくります。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年10月23日

早稲田みょうがのドレッシングを試作したので試食会に、生産者を誘う


江戸ソバリエ・江戸蕎麦料理研究会で、林幸子先生が作られた、早稲田みょうがのドレッシングの味が忘れられなくて、試しに作ってみた。

同研究会の後に、井之口喜實夫さんのお宅に伺ったら、林先生に教えていただいたように奥様が、井之口家自慢のキャベツと一緒に、早稲田みょうがドレッシングを出してくれた
上手に出来ていて美味しくいただいた。



1-1006.jpg


生産者の皆さんにも、早稲田みょうがのドレッシングの味を知っていてほしいと、夜になって急に思いついて、先日、早稲田のファイナルで、200円で購入した「早稲田みょうが」1パック(8個)を全部使って、ドレッシングを試作した。

早朝、早稲田みょうがを栽培している、宮寺光政さん、矢ケ崎宏行さん、内野英樹さんに連絡したら、内野さんは千葉方面に視察に行くというので来られなかったが、宮寺さん、矢ケ崎さんは、時間が取れるとのことで、昼前に宮寺さんのお宅に集まることにした。

江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会の福島秀史さんも仕事で近くまで来たとして、参加してくれた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2013年10月22日

「江戸の夏を食べる」のイベントの結果を小金井の永瀬義祐シエフに聞きに行く。


掲載が遅くなったが、先週、小金井で江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会の打ち合わせがあった後、昼食に、新西洋料理「ヴァン・ド・リュ」に立ち寄った。

小金井市の「江戸の夏を食べる」イベントに参加・協力してくれたことから、寄ってみようということになり、13時を過ぎたので必要はないと思ったが、納所二郎副会長が永瀬義祐シエフに予約の電話を入れてくれた。



1-1012.5.jpg


予約を入れたのは正解だった。
13時を過ぎたからと思っていたが、我われの前に入った3人の方々が、断られていた。

上の写真をクリックする
まず頼んだのが、ワイン !。
福島秀史さんと3人で、乾杯 !!

続きを読む

2013年10月21日

気仙沼支援の「早稲田かつお祭り」は、雨にもまけずファイナルを迎えた。


「早稲田かつお祭り」のファイナル「大抽選会」が、20日稲門祭が行われている早稲田キャンパスで行われた。
生憎の冷たい雨が降りしきっていた。
高田の馬場からの早大正門行のバスは、ピストン輸送をしていたし、東西線の早稲田駅からも大勢のOBOGが続々と集まってきていた。、



1-1017.jpg


上の写真をクリックする
昨年は、小野梓記念館前のモニュメント「早稲田茗荷」の前が、「早稲田かつお祭り」の抽選会場だったが、今年は、大隈銅像後ろの10号館前広場の奥まったところにテントが張ってあった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2013年10月20日

お待ちかねの東京家政大学・江戸東京野菜の会が「七福神漬」の試作品を発表。

東京家政大学の佐竹未希さんから、お待ちかねの「福神漬」ができたので持っていきたいと、電話をいただいた。
丁度、江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会の役員会が小金井で予定されていたので、会場を伝えたら、授業に出る前にわざわざ持ってきてくれた。

江戸東京野菜で福神漬を作るというのは、昨年の8月から取り組まれていて、7種類以上の野菜を集めていたことは伺っていた。
それができたのだ。



1-1001.jpg

佐竹さんが、取り出した小瓶は、美しいラベルが貼ってあった。
和紙や水引を使って高級感を出している。

「”七福神” 漬」、とはすばらしいネーミングだ。

ラベルは、江戸東京野菜栽培中の横断幕をデザインした、Akane.T さんが制作したもの。
製造者としては、東京家政大学の宮尾茂雄教授が監修し、江戸東京野菜の会製作となっている。

原材料は、志村みの早生大根、亀戸大根、馬込半白きゅうり、寺島なす、東京おおしろうり、谷中しょうが、雑司ヶ谷なす、東京長かぶ、内藤とうがらし、とあり、まだ江戸東京野菜として決定されていない、「谷中しょうが」などもあるが、今後決定される次期候補作物だから問題ない。

これらの野菜は、江戸川区の木村重佳さん、小金井市の井上誠一さん、小平市の宮寺光政さん、そして、JA東京あおばが提供している。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2013年10月19日

今年も皆さんに喜んでもらえた !、 高級ブドウを栽培する東村山の「久安」中村博さん


都政新聞の取材に合わせて実施しているNPO法人ミュゼダグリの農家訪問は、東村山でブドウ栽培をしている「久安」の中村博さんを訪ねた。

中村さんは、それまで多摩湖梨を中心とした果樹農家のリーダーだったが、梨消費の頭打ちから新たな果樹を模索していた。
7年前に、雨除けハウスを東京都の補助事業として市の支援をうけて、大型のハウスを完成させ、ブドウ栽培に転じたもので、当ブログでも紹介している。



1-1002.jpg

中村さんは、東京都果樹連合会会長を歴任、後継者の竜太さんは広島県農業技術センターで最新のブドウ栽培・根域制限栽培を学び、都内では初めてのブドウの根域制限栽培技術を導入して、親子二人で栽培に取り組んでいる。

上の写真をクリックする
雨除けハウス内のブドウの下で、中村さんの話を聞いた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2013年10月18日

早稲田かつお祭りの特別企画「みょうがエールのカクテルを飲む会」に参加してきました。


早稲田かつお祭りは、早稲田大学気仙沼復興塾と早稲田大学周辺商店連合会の協力により、盛会を見せているが、16日の19時からは特別企画の「みょうがエールのカクテルを飲む会」が早稲田大学の正門に近い「高田牧舎」で開催されると云うので、友人を誘って行ってきた。




1-10002.jpg


早稲田かつお祭りは、江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会としても、注目していたが、良い機会なので、納所二郎副会長、役員の佐々木昭さんとJR高田の馬場駅で待ち合わせて出かけた。

上の写真をクリックする
少し早めに着いたので、せっかくだから、早稲田ミョウガの名所を案内、

早稲田大学構内の「モニュメント早稲田茗荷」(写真右上)を写真に撮ったら、バックの大隈講堂、上空には台風が行ったあと珍しい雲が覆っていた。

この会、早田宰教授の指導するゼミ生の、早稲田大学教育学部複合文化学科2年・小薗未和さん(写真左)が企画したもので、エールの開発・研究し、馴染みの「高田牧舎」の個室を予約して開催した。
企画力はたいしたもの。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2013年10月17日

伊勢丹の特別企画、神保シェフと「親子で野菜を収穫して学ぼうツアー」が宮寺農園にやって来た。


新宿伊勢丹が、アイキッズクラブ会員向けの特別企画「親子で野菜を収穫して学ぼうツアー」の、募集は当ブログでも紹介した。
13日と14日の2回、開催されたが、14日に都合が付いたので、宮寺農園に伺った。

この企画、南青山の、HATAKE AOYAMA総料理長・神保佳永さんが、日ごろ仕入れている宮寺光政の畑に、お客様をお連れして、収穫を愉しみ、新宿に戻って、伊勢丹地下2階の、HATAKE CAFÉ でその食材を使って神保シェフの料理を食べ、レシピを教えてもらって、自宅でも2度楽しめるという企画。
今年、春にはカード会員向けで行ったが、大好評で、秋はアイキッズクラブ会員向けとして2回にわたって実施したもの。



1-1018.jpg


上の写真をクリックする
今回のスタッフは、三越伊勢丹ホールディングス顧客政策担当の鹿島修二マネージャーと、伊勢丹アイキッズクラブの榎本稔さん、宮寺農園のボランティア・東京農大の松本夏奈さん。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2013年10月16日

平成25年度 第64回日本学校農業クラブ全国大会が、来週東京で開催され、名誉ある講演を依頼されている。


このほど、全国9万人の農業クラブ員の情報誌「リーダーシップ」2013 秋号が送られてきた。
表紙に、「特集2 首都圏大会ガイド」としてあった。

平成25年度 第64回日本学校農業クラブ全国大会は、関東地区学校農業クラブ連盟が主催し、23日(水)から東京都で大会式典・代議員会・クラブ員代表者会議が開催される。



1-1mg080.jpg

上の写真をクリックする


中でも、全国から代表の皆さんが集まる、クラブ員代表者会議は、東京都立農芸高等学校が準備を進めているが

クラブ員代表者会議の中で行われる講演会の講師として、大会事務局長の都立園芸高校・徳田安伸校長から依頼文書をいただいている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2013年10月15日

今年も、早稲田通り面した松の湯で「早稲田みょうが湯」が沸いた。


早稲田かつお祭りの特別企画として、今年も西早稲田の松の湯で「早稲田みょうが湯」が日曜日の13日、15時から夜中1時まで沸いた。



1-1yu6.JPG

端午の節句の菖蒲湯、冬至には柚子湯と、湯舟に浮かせて入浴する習慣があり、
リンゴの産地ではリンゴ湯なども全国にはあり、風呂好きの日本では各地の産物を利用したお風呂がある。
早稲田では、みょうが湯が定着しつつある。

上の写真をクリックする
ご主人の山崎康五郎さんが、湯船ごとに入れるため、4セットをつくり浮かべた。
早稲田ミョウガの特徴の赤身が美しい。

早稲田みょうが湯は、昨年、ご主人が、早稲田かつお祭りに呼応して、企画したもので、早稲田の原風景を偲べて好評だったことから、今年も実施したもの。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

林幸子先生の「第7回 江戸ソバリエ・江戸蕎麦料理研究会」、今回のテーマは早稲田ミョウガ


江戸ソバリエ・江戸蕎麦料理研究会」は、江戸東京野菜を使った料理を、料理研究家で江戸ソバリエの林幸子先生が、南青山アトリエグーで調理したものを、江戸ソバリエの役員さんなどと食べながら勉強する会だが、
研究会には季節の江戸東京野菜を紹介していることから、毎回お招きをいただいている。

これまで、研究会で披露された江戸東京野菜料理は、季節ごとに開催された「江戸ソバリエ・レディースセミナー」に出され、参加された皆さんに喜んでいただいている。

レディースセミナーの食材探しの時に、林先生と、江戸ソバリエ・ルシックの松本一夫さんに、「早稲田ミョウガ」の研究会開催を、お願いしたことがあったが、お二人ともミョウガは大好きで、その場で開催は決定していた。



1-1017.jpg


この時期、早稲田では「早稲田ミョウガ」を使った、「早稲田かつお祭り」が開催されているが、

生産者の井之口喜實夫さんと、早稲田大学の早田宰教授が、創造性豊かな林先生のお料理を一度食べたら、早稲田でのメニュー開発のヒントになるのではと、ソバリエの皆さんの了解を得て、お誘いした。

上の写真をクリックする
早稲田ミョウガと柿の生ハム包。

酸味の無い柿の甘さと軟らかさの中に、早稲田ミョウガのシャキシャキとした食感が楽しめる。

早田先生は、地ビール「WASEDA」を手土産に参加された。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:54| Comment(1) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2013年10月14日

早稲田みょうが助郷隊が、早稲田かつお祭りに茗荷を届ける。


早稲田かつお祭りの特別企画は、先日当ブログで報告した。
お陰様で、W商連の皆様を初め、係わる多くの方々のご理解ご協力で、盛会になっているようだ。

報告が遅くなったが、” 気仙沼かつお&早稲田みょうが弁当 ” に使う、早稲田みょうがを栽培地の、練馬区から早稲田に運ぶ ” 早稲田みょうが助郷隊 ” が、井之口喜實夫さんの井之口農園に9時過ぎにやって来た。

弁当に間に合わせるために、10時半に早稲田に戻らなくてはいけないというスケジュール。




1-1018.jpg


早田宰教授と小城知紘さん(教育学部社会科4年) が、スーツケースに、「早稲田茗荷搬送中」のビラを貼ってやって来た。

分かりやすい井出たちだ。
このような取り組みは、みんなが面白がって取り組むことが大切で、話題は広がり、活発な活動となる。

早田先生に伺うと、早稲田かつお祭りは大成功で、当初仕入れたかつおは、売り切れ、再度発注したというから、気仙沼支援は昨年にも増してすごい。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2013年10月13日

13日(日)、今朝の朝日新聞に江戸東京野菜を栽培する小中学校の取り組みが掲載された。


今年の春の事だが、豊島区立西池袋中学(尾崎重雄校長) の関口礼之先生に、6月から豊島区の伝統野菜・雑司ヶ谷のナスの栽培をしたいと依頼されたJA東京あおばが、その雑司ヶ谷ナスの苗を準備していたが、

それまでの間を使って、小松菜と春菊の栽培をしていたのは、当ブログで紹介した。
その後、行こう行こうと思っていたが、中々いいタイミングで伺うことはできなかったが、

雑司ヶ谷ナスの栽培は順調にいったようで、生徒諸君は、雑司ヶ谷ナスを料理して、市販の交配種・千両ナスとの違いも味わったようだ。




1-1004.jpg


尾久宮前小学校で、青茎三河島菜の栽培を進める鈴木恵理栄養教諭が、大手新聞社の記者さんの取材を受けたと伝えてきたが、播種の指導をした宮寺光政さんもお会いしたと云っていた。

また、それより前、砂村一本ネギの栽培をしている第五砂町小学校の銭元真規江栄養教諭の元にも記者さんが来られたと伺っていたが、

今度は、西池袋小学校の取り組みについても取材してくれたと、関口教諭からも連絡をいただいた。
上の写真をクリツクする

実は、その取材をされたのが、朝日新聞の斯波祥記者で、13日朝刊の地域総合・首都圏に掲載すると連絡をいただいた。

記事の中には、各校の生徒たちの声が素晴らしい、そして斯波記者は、小学校の食育指導をしている三國清三シェフにも会って話も聞いている。

飯能の野口勲さんにも、タネの様子も聞いていて、斯波記者が足で書いた力作だから、ぜひ読んでいただきたい。


斯波記者は、9月に開催した江戸東京野菜の入門編を受けていただいて、取材ポイントを絞られたようで、その後メールでやり取りもさせていただいた。

今回、各校の取り組を活字にしていただいたことで、先生方はもちろんの事、生徒やご父兄の理解も深まり、さらなる教育効果が高まる事だろう。

それより何にもまして、伝統野菜を次代に残すことの意義、江戸東京野菜コンシェルジの役割が多くの方々にご理解いただけたと思うし、
資格を取りたいと思う方々が増えてくれればと期待もしているところだ。

斯波記者、ありがとうございました。






posted by 大竹道茂 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺島なす、雑司ケ谷なす