2013年10月07日

中央区立日本橋中学校の食育講演会で地産地消の「江戸東京野菜」を語る。


中央区立日本橋中学校 (平松功治校長) から、食育講演会の講師を頼まれて、10月3日(木)都営地下鉄浅草線の東日本橋で下車した。

日本橋は江戸の頃から経済・文化の発信地として発展してきたが、高度経済成長期に企業が集中したことで、東日本橋での居住者が減少し、1974年に久松中学校、日本橋中学校、紅葉川中学校が統合されてできたのが同校で、少人数授業や習熟度別授業を推進し、学力向上に努めている学校と聞く。

同校の前から、スカイツリーが大きく見える。隅田川を越えて首都高速6号向島線の先にそびえている。



1-1001.jpg


上の写真をクリックする。階段の踊り場に、同校ART部が描いた安藤広重「日本橋」の模写がかかっていた。

平松校長から事前に送っていただいていた資料によると、
「食育に関する講演会をとおして、食の在り方に関する意識、および食をとおしての健康について、意識を高める。そして、よりよい食生活についての実践意欲を高める。」を目的としているいう。

「食育講演会は今年度で4回目、昨年は、ホルモン・豚料理研究家(串焼き専門店)の芳賀大地先生、一昨年は「つきぢ田村」の三代目 田村隆先生、3年前は築地市場の方を講師でお招きして、講演をしていただいたり、実演をしていただいたりしています。」とあった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等