2013年11月02日

第6回 「子どもたちに笑顔を !」プロジェクトは、岩手県陸前高田市立小友小学校へ


三國清三シェフが代表を務める日本フランス料理技術組合と、東急グループ各社に日本バレーボール協会、その他有志企業による、東日本大震災の被災地支援の「子どもたちに笑顔を ! 」プロジェクトは、10月28日に開催された。

23日時点で台風27号、28号が発生しており、島根、京都、山梨から、また、仙台、弘前、岩手から参加されるシェフの皆さんも気をもんだようだ。

震災後の2011年6月、いち早く気仙沼市立階上小学校に向かった同プロジェクトは、5年計画でこれまで宮城県と福島県を訪れていたが、今回は前回3月の仙台市立荒浜小学校(東宮城野小学校内)より遠く、岩手県の陸前高田市立小友小学校で開催された。

今回は6回と云うことで、計画は後半に入ったわけだ。

昨年より3時間ほど早い20時に、赤坂エクセルホテル東急をバス2台に分乗して出発し、途中休息を取りながら日の出前に、岩手県陸前高田市立小友小学校に着いた。




1-1001.jpg

ハンバーグ好きの子ども達に、三國シェフは、野菜から食べなさいと云って回っていた。

上の写真をクリックする
シェフ達も、生徒達の席を回って、子どもたちとのコミュニケーション。

今回の対象は、小友小学校の1年生から6年生までの77人と先生方で93名、米崎小学校の5年生と6年生の50名と先生方で55名、それに地元関係者全員で156名。

さらにスタッフを含め、276名分の料理が用意された。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜