2013年11月12日

江戸東京野菜のつまもの ”芽カブ” の栽培と荷造りに感動!!。


11月のNPO法人ミュゼダグリの農家見学会は、足立区のつまもの生産農家・横山修平さんの仕事を見せてもらった。
横山さんのお宅には、今年の春先、固定種の小松菜で菜花(なばな)を収穫しているというので、同じ栽培農家の宝谷實さんに連れてきていただいたことがあったが、そのことは当ブログで紹介している。

横山さんには、毎年、東京都農業祭の江戸東京野菜展示用に出品していただいていて、今年の会場でも、その繊細な仕事ぶりに見入る方々が多かった。

その一人、イラストレーター&ガーデニングクリエイターの たなか やすこさんに、「こんど見学に行きますから良かったら」と誘ったら、集合場所の舎人駅にみえていた。

今回は、みなさん見学したい作物だったが都合がつかず、都政新聞の細川奈津美記者のほか納所二郎さんだけだった。



1-1048.jpg

多くの方々が、「これはどのようにして食べるの?」、「どこで売っているの?」などと聞いてくる。

「芽かぶ」は、椀物の具として使われ、羽子板の羽根になぞって、お祝いの膳に乗る椀物がポピュラーだが、高級食材の一つとして、和食の老舗などがお客さんだった。

したがつて、スーパーなどでは、目にすることはなく、築地市場には、つまものを扱う専門の仲卸の青果会社がある。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達