2013年11月17日

数日前、「種から種へつなぐ 〜育てて守る在来種・固定種の種〜」が、手元に届いた。



今年の2月だったか、新宿区矢来町にある創森社の相場博也氏から原稿の依頼があった。
「龍谷大学経済学部で、農業・資源経済学がご専門の西川芳昭教授のお考えに沿って、タネに関わる方々に原稿をお願いすることになった。
そこで、江戸東京野菜もリストに上がっているので、お願いしたい」と云うもの。

当初、10月頃に出版の予定で、江頭宏昌先生、野口勲氏、松田俊彦氏にもお願いしているというので、時間的余裕もあるし、興味深い出版物になるだろうと喜んでお引き受けした。



1-1img215.jpg

表紙をクリックするとアマゾンにリンク


数日前、「種から種へつなぐ」〜育てて守る在来種・固定種の種〜 が、手元に届いた。

「第4章 在来種・固定種の種を守るための 多様な地域的展開」の中に、山形大学農学部・山形在来作物研究会の江頭宏昌先生、京野菜の松田俊彦氏などと、一緒に、

“有名店によるメニュー開発から学校教育まで広がる、
「江戸東京野菜」の復活運動”、
  “江戸東京野菜とは”
、”江戸東京野菜を探し続け、選抜し、種を採る”、 
  “子どもたちによる江戸東京野菜の復活活動”、
 “一過性のブームには終わらせない”、

として11頁(写真11枚)にわたって掲載されていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介