2013年11月18日

「江戸東京野菜コンシェルジュ」資格取得講座2日目。


9日から始まった「江戸東京野菜コンシェルジュ」資格取得講座は、2日目は、11月16日(土)10:30〜17:00〜、新宿アグリパーク3階会議室で開催された。

今回の講師陣は、クッキングインストラクターで野菜ソムリエの上原恭子氏、江戸東京野菜の栽培農家・宮寺光政氏、東京の食材にこだわった料理を提供する、押上「よしかつ」の主人・佐藤勝彦氏



1-1001.jpg

上原講師のテーマは、「食材としての江戸東京野菜」

上の写真をクリツクする
上原講師は、クッキングインストラクターとして手掛けた事例をパワーポイントで報告、個性あふれる江戸東京野菜のレシピなどを紹介した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

第16回 すきや連の例会は、明治28年ご創業の、ハマの老舗「荒井屋」の牛鍋を楽しむ。


第16回 すきや連の例会は、今度は横浜に伺うと、会長の向笠千恵子先生から伺っていたが、程なく事務局長をされている浅草「ちんや」のご主人住吉史彦氏から、お誘いのメールを戴いた。

明治28年初代荒井庄兵衛が創業の、横濱の老舗「荒井屋」の牛鍋。

「牛鍋」の響きは、幕末に横浜から入った文化として、なにかモダンな印象を持っていて、食べたことが無かったから、味わうことができるというので、ワクワクして横浜までやってきた。




1-1001.jpg

横浜には何度も来ているが、港の方や、中華街辺りで、伊勢佐木の方は初めてなので、プリントアウトした地図を持って向かった。

この日は、世田谷の次太夫堀公園に行く用事があって、15時頃、成城学園前から相模大野経由で湘南台から伊勢佐木長者町へと、初めてのコースで向かった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介