2013年12月01日

伝統野菜は長老に聞け! 、練馬大根栽培の第一人者・渡戸章氏を訪ね再確認。


9月下旬、宇都宮大学名誉教授の宇田靖先生からメールをいただいた。

宇都宮大学の育種学と食品化学の両研究室を中心に、農学部の後援という形で、2004年から毎年「だいこんサミット」を開いていて、今年はその10年目に当たり、12月21日(土曜日)の13時から宇都宮大学の峰が丘講堂で開催されるという。

「だいこんサミット」では、全国各地のダイコンを活用した地域の取り組み、各地の種苗会社のダイコン育種の取り組み、試験研究所など研究機関での育種や栽培、利活用の研究活動、漬物製造業やダイコン加工業の皆さんの取り組みなどについて、全国各地から講演者を招いて、講演会と 総合討論、懇親会を開催してきたと云う。



1-0キャプチャey.JPG


上のチラシをクリックすると拡大する。
この「だいこんサミット2013」、10周年を記念して、江戸のダイコンにまつわる食文化等について講演を依頼された。

勿論、喜んでお受けした。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介