2013年12月04日

「第7回 練馬大根引っこ抜き競技大会」が、晴天の元開催された。


練馬の秋の風物詩「第7回 練馬大根引っこ抜き競技大会」が、晴天の元、12月1日練馬区北町の相原和彦さんの大根畑に500余名の出場者を集めて開催された。

この大会、練馬区とJA東京あおばが主催して、練馬区独立60周年記念として企画された競技大会で、今年で第7回を迎え、石泉地区から再度練馬地区にやって来た。

今年も大会で引っこ抜かれる約4500本のうち約4000本の練馬大根は、地産地消推進のため大会の翌日以降、区立全小中学校(99校)の全児童生徒(約4万7千人)の給食食材として練馬大根が使われ、子どもたちが味わう。




1-1010.jpg

上の写真をクリックする
競技に先立って行われた開会式では、練馬区から琴尾隆明副区長(写真上左)、榎本高一代表理事組合長(写真上中)が挨拶、引き抜く指導を行った大根畑の農園主相原和彦氏(写真上右)、ルール説明の審判長・八方晋一氏(写真下左)、来賓として商品を提供している全農東京の木原義美副本部長(写真下右)、農協観光の鈴木哲郎東京支店長(写真下中)、隣はJA東京あおばの渡邊和嘉常務。

今回も、江戸東京・伝統野菜研究会代表として招かれ。皆さんにご紹介をいただいた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根