2013年12月07日

「練馬大根 舞台から応援」と朝日新聞が報じた浅草雑芸団の第2回 野菜演芸・食べる会〈大根〉が開催された。


東中野のポレポレ坐で今年の夏、「まくわうり物語」を熱演した浅草雑芸団の皆さんに、練馬大根引っこ抜き競技大会があるからと、成田重行先生(NPOおいしい水大使館代表) を通してお誘いした。

毎年、練馬の風物詩として、年々盛んになっていることから、団員の皆さんも喜んでもらえると思ったからだ。
大会の受付が始まると成田先生から、12名が参加することになり申し込んだと、メールを戴いた。

成田先生は、浅草雑芸談の上島敏昭さんに相談、3日東中野のポレポレ坐で、大会で引き抜いた練馬大根をテーマにした演芸を企画した。
それを朝日新聞東京版では11月21日に、「練馬大根 舞台化から応援」「幻の伝統野菜 NPOと雑芸談タッグ」のタイトルで報道した。

尚、練馬大根引っこ抜き競技大会での様子は、当ブログで紹介している。





1-1057.jpg

練馬大根引っこ抜き競技大会で引っこ抜かれた大根によって、第2回 野菜園芸・食べる会〈大根〉が、東中野のポレポレ坐で開催された。

上の写真をクリックする
会場には、野菜が好きな人たちが作った野菜のブローチや、マスコットなどが、お手頃の価格で売られて、会場の雰囲気を盛り上げていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根