2013年12月10日

2013全国学校給食甲子園 文京区立青柳小学校の松丸奨先生が江戸東京野菜を使って優勝。


地産地消などを学校給食の中で推進するため、地元の食材で味や栄養価を競う「第8回 全国学校給食甲子園」の、決勝大会が、12月8日(日)、東京都豊島区の女子栄養大学駒込キャンパスで行われた。1〜4次予選で選出された全国6ブロック12校(含むセンター 以下同)の選手が、1時間という限られた時間の中で、日頃の成果を出すべく力を尽くした。

 2,266校の頂点、優勝に輝いたのは、東京都代表・文京区立青柳小学校の学校栄養職員 松丸奨さん、調理員 大野雅代さんで、初の男性栄養士の優勝となった。

献立の全てに江戸東京野菜が使用されている。


キャプチャe.JPG


上の写真をクリツクする


早々とスポニチが報道していた。

松丸先生には、昨年の品川カブの品評会でお会いしていて、それ以降、小平市の宮寺光政さんの江戸東京野菜を給食でも使ってもらっている。

今年東京都代表になり、関東ブロックから全国大会に出場すると報告を受けていて、11月22日の東京新聞が松丸先生を紹介していた。
「こだわりの一つは、江戸野菜。都内には有名な小松菜のほか、練馬大根、品川カブ、千住ネギ、馬込三寸ニンジン、寺島ナスなどの伝統野菜がある。「東京の食文化を感じてほしい」と、月に2度は給食に使う。」と書いてある。

また、校内でも江戸東京野菜の品川カブの栽培を始めていて、今年も23日、品川神社で行われる品川カブの「品評会」に出品するようだ。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組