2013年12月12日

「東京ブランド 江戸東京野菜の魅力をさぐる」〜種にまつわる物語〜が世田谷で開催された。


7月に鈴木規世枝さん(野菜ソムリエ) からメールを戴いた。鈴木さんは現在、江戸東京野菜コンシェルジュの資格を得て活躍されている。

世田谷保健所や区内の企業、栄養士会、NPO法人などで構成する「食のコミュニケーション会議」に参加しているそうで、同会議では12月に開催する「大人の食育講座」で、「江戸東京野菜」を取り上げたいという。

テーマは「東京ブランド 江戸東京野菜の魅力をさぐる」で、サブタイトルは〜江戸時代の種にまつわる物語〜だとして、講師を依頼された。
同講座は、NPO法人 フード・風土の岩田泰子さんとのコラボ企画だそうで、岩田さんには何回か、イベントに呼んでいただき、世田谷の皆さんにはお世話になっているのでお引き受けをした。



1-1キャプチャert.JPG

会場の三軒茶屋キャロットタワー4階に16:30からで、仕事帰りの方々を含め、40余名の参加者が集まった。
会場入り口には同会議の皆さんが集めてこられた江戸東京野菜が展示されていた。

展示されたのは、世田谷の伝統野菜で、
大塚信美さんが栽培した「伝統大蔵大根」「城南小松菜」、
千歳烏山の下山繁雄さんが栽培した大型の「下山千歳白菜」、

その他にも、「馬込三寸人参」「東京長かぶ」「亀戸大根」「青茎三河島菜」が、小平市の宮寺光弘さん、
「練馬大根」は、練馬区の加藤晴久さんと、
代表的な農家が栽培されたが、皆さん珍しそうに写真を撮られていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介