2013年12月23日

寒さに耐える「ど根性三河島菜」


荒川区立尾久宮前小学校(伊藤英夫校長) の鈴木恵理栄養教諭から、「ど根性三河島菜」のメールをもらっていたが紹介が遅れた。

4年生が育てた三河島菜は、5年生になると種採りの季節になり、採種したタネは、後輩の4年生たちに手渡され、栽培は引き継がれている。
採種した時に、タネがこぼれたのだろうか。



3-1002.jpg

職員の自転車置き場のあたりのアスファルトの割れ目から青茎三河島菜が芽を出して、元気に育っているという。

まさに「ど根性三河島菜」だ!、
故郷尾久の土が恋しいのか、土を求めて根を張りめぐらせている。
生徒たちは、どのくらい大きくなるものか、楽しみに見守っている。

そんな驚きのニュースの後に、今年も親子クッキングが行われたと云う。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜