2013年12月27日

第2回 品川蕪品評会が盛大に品川神社で開催された。


東海道品川宿なすびの花(大塚好雄代長) が主催する「第2回 品川蕪品評会」は、品川神社境内に地元小学校など12グループが参加して、盛大に開催された。

「第1回 品川蕪品評会」については、当ブログで紹介しているが、今年は、品川区以外からも参加される学校があるなど、大塚会長のタネ配布は都内一円に広がりつつあり、その努力が功を奏しつつある。



1-1006.jpg

当日は、審査員として、小平市で江戸東京野菜を栽培する宮寺光政さん(江戸東京・伝統野菜研究会会員)、東京シティー青果・藤田寛専務、東久留米市で品川カブを生産している村野喜安さんが見えていた。

上の写真をクリックする
同神社の鳥居は、昇り竜が彫られていて珍しい。

式典に先立ち、大塚会長を筆頭に、地元町会長を初め関係機関代表や、参加小学生などが昇殿参拝、大塚会長、品川区議会石田秀男議長に続いて、玉串奉天の指名を受けた。
尚、祭壇には、宮寺さんが栽培した「品川蕪」が奉納された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川カブ