2014年01月09日

「みのーれ立川」に、「江戸東京野菜が入荷した」と連絡が入った。


「みのーれ立川」の松村隆さんがメールで、「江戸東京野菜が入荷した」と連絡が入った。

昨年の9月に、江戸東京野菜の生産者が集まって意見交換会が行われたことは当ブログで報告した。
その時、JAの吉澤一三専務から、JAの直売所「みのーれ 立川」の販売農産物をさらに充実していくために、販売品目の充実と、安定供給を依頼していたが、その際、生産者からは、江戸東京野菜コーナーを作ってほしいとの要望が出されていたもの。



1-1010.jpg

例年、東京みどりの生産者はこの時期から、亀戸大根や金町コカブなど江戸東京野菜の出荷が始まる。
昨年の9月の意見交換会では、各種江戸東京野菜の栽培を依頼していたが、すでに他の野菜の栽培計画があったようで、秋冬産には間に合わなかったが、今後が楽しみだ。

コーナーに置かれた、亀戸大根と金町コカブは、みのーれ立川運営委員長の金子波留之さんが栽培したものだった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 立川市での取り組み