2014年01月18日

荒川区内の飲食店で18日から2月にかけて始まる三河島菜の試食会


 先月21日、荒川区が主催して行われた「にっぽりマルシェ」で、隣区にある都立農産高校の圃場で栽培されている同区の伝統野菜・三河島菜を販売したが、大きな反響があったことは、NHKがテレビで放送した。

その後どうなったかと思っていたところに、同区の谷井千絵観光振興課長から昨日メールが届いた。

「三河島菜の試食会が決まったのでお知らせします。
 農産高校のおかげもあって、いままで一つの目標としていた区内飲食店でのメニュー提供がいよいよ実現します。」
と云うもの。


キャプチャ1.JPG

上の三河島菜をクリックする 
特に荒川区役所の地下にある「レストランさくら」では、
1月27日から31日までの1週間は日替わりで、

月 三河島菜と牛肉のあんかけ御飯
火 三河島菜入りカレーうどんと三河島菜のめりはり寿司
水 三河島菜のクリーム煮
木 三河島菜とイカ、ホタテの香味炒め
金 三河島菜と挽肉のトマトソースパスタ
 ※全て小鉢とデザート付きで、500円 先着50名


一つひとつ実績をあげてきている谷井課長の思いは、この料理からも伝わってきて、同区の取り組みを他の地域のモデルケースとして広めていきたいものだ。

それにしても、食べてみたいお料理ばかりだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜