2014年01月31日

加藤千洋先生が「辣の道」(ラーのみち)で江戸東京野菜の内藤トウガラシを紹介


同志社大学大学院教授の加藤千洋先生から、ご著書「辣の道」(平凡社)を贈っていただいた。

加藤先生は、もう10年ほど前になるが、久米宏氏の「報道ステーション」(テレビ朝日系) のコメンテーターを長くされていて、穏やかでわかりやすい解説で、人気のコメンテーターだったと記憶している。



1-1.jpg


上の表紙をクリツクする
数年前に、中国のトウガラシ多食地帯をルポしたものを、本にまとめていると伺っていたが、それが「辣の道」だった。

伝統野菜には一つひとつ物語があるが、400年前、スペイン人が貿易船で福建省や、浙江省に持ち込んだトウガラシ、それが長江沿いに遡り、内陸の四川省にたどり着き、四川の食文化を育んだと云う。

加藤先生が、四川省からのルートを追って、中国大陸2500キロを旅してのルポは読みやすく興味深い。

旅では京都の万願寺甘とうや伏見トウガラシなども登場、そして江戸東京野菜の内藤トウガラシで締めくくっている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介