2014年06月06日

2014中元商品「江戸菜趣 千粋」江戸東京野菜のお吸物の販売が開始された。


4月中旬に浅草駒形の天長商店飯野弘達社長と、お中元商品のことでJA東京みらいで協議検討を行ったことは当ブログで紹介したが、。

先日、同社の竹中功営業課長が、新宿で開催した「伝統野菜は長老に聞け!!」に出席されていた。勉強熱心だ。
お話しする機会があったが、お中元用の商品が出来たということで、それが昨日届いた。



1-1.JPG



昨年は、伝統小松菜、東京うど、雑司ヶ谷なすが、お吸物最中に使われたが、
今回は、東京長カブ(品川カブ・滝野川カブ)、三河島菜(青茎三河島菜)が活用された。

上の写真をクリツクする
「亀戸大根」が、鶏肉と鰹だしを加え、さっぱりとしたお吸物に仕上げてある。

「東京長かぶ」は、鯛と三つ葉を加え、上品な鰹だしに仕上げてある。

「三河島菜」は、松草の香り豊かな味わいに柚子をアクセントに仕上げてある。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:09| Comment(1) | TrackBack(0) | その他関連情報