2014年06月10日

小雨の中、盛大に開催された「京橋大根河岸生誕三百五十年」の記念イベント。


京橋大根河岸会の石川勲会長から招待状をいただいたことは、当ブログで報告した。

真夏日が続いていたと思ったら、5日あたりから天候は下り坂になり、「京橋大根河岸生誕三百五十年」の6月7日当日は、降りしきる雨にもかかわらず、

会場の京橋大根河岸青物市場蹟には、大勢の方々が野菜の無料配布に行列を作っていた。
新聞の他、前日、NHK総合TV「ひるまえほっと」でも、紹介したことも効果があったようだ。



0-1.JPG


午前中の仕事を終えて、小平市の宮寺光正さんと会場に着いたのが13時半だったが、小雨の中、会場は熱気に満ち溢れていた。

京橋大根河岸会の石川勲会長(東京シティ青果会長で、東京中央青果(株)社長)と、藤田寛専務理事(東京シティ青果)にお会いしたので、ご招待いただいたことへのお礼を申し上げたが、お二人とも陣頭指揮で忙しくされていた。

上の写真をクリックする
野菜の無料配布会場では、イメージキャラクター、いわゆるユルキャラが集まった。
また、ALSOK儀仗隊のメンバーも来ていた。

ステージに飾っていただいた「汐入大根」。
かつて隅田川の上流から京橋大根河岸に運ばれていた江戸東京野菜の「汐入大根」を、「京橋大根河岸生誕三百五十年」のお祝いに出そうと、JA東京みらいの高倉国昭さんにお願いしていたが、江戸東京野菜の生産農家・大山裕視さん(東久留米市)が栽培してくれたので150本ほど出荷してもらった。
これは、朱亀寿美朗部長(東京シティ青果)が、一部ステージに飾ってくれたもの。
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介