2014年06月21日

内藤家ゆかりの伝統野菜を新宿を代表するデパート屋上での栽培へ。

江戸時代、内藤新宿の名産と云われた、内藤トウガラシの普及栽培と商品開発に取り組む、NPO法人 美味しい水大使館のリーダー成田重行先生から、

内藤トウガラシと内藤カボチャを新宿を代表するビルの屋上で栽培することが出来るかもしれないというので、成田先生にご案内いただくことで、宮寺光政さんとデパート前で待ち合わせた。



1-1.jpg


伊勢丹の屋上に上がったのは何10年振りだろう、素晴らしい庭園になっていた。
庭園の一角、そこだけがまた別の空間のようで「アイキッズクラブ農園」の看板がかかっていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報